フレンチワークチノ / FRENCH WORK CHINO のご紹介

皆様こんにちは。東急プラザ銀座店の川畑です。

只今、東急プラザ銀座店では23日(火曜日)までSPECIAL LIMITED SALEを開催しております。連日多くの方にご来店いただき感謝申し上げます。お近くにお越しの際はこの機会に是非お立ち寄りくださいませ。

今回は前回に続きナイジェル・ケーボン ウーマンの定番チノであるフレンチワークチノについてご紹介させていただきます。

フレンチワークチノ / FRENCH WORK CHINO
ItemNo.80390850020
Colour : Beige / Green / Navy

こちらは1920年~1930年代のフランスのワークパンツを元にしたチノパンです。腰回りには余裕がありゆったりとしていますが、裾に向かって緩やかなテーパードがかかっているのですっきりとした印象です。

前回ナイジェル・ケーボン ウーマンのチノパンは本格派と断言したので今回はその理由をご説明させていただきます。

チノパンと一言にいっても様々ですがナイジェル・ケーボン ウーマンではウエポンという種類のチノを採用しています。ウエポンとはアメリカにあるウエストポイントという地名でウエストポイント陸軍士官学校を指します。同校は極めて厳しい英才教育によって米軍の指導官と言われる士官の育成を目的としています。そんなプロを育てる学校のチノパンは高品質な上にセンタープレスが入れられており安価なチノパンとは一線を画しているんです。

ウエストポイント陸軍士官学校のチノパンをナイジェル・ケーボンウーマンで再現すべく糸は単糸ではなく双糸を使用し、綿の中でも高級である超長綿を使用しています。単糸と双糸の違いはというと綾織りの向きが異なります。一般的なチノクロスは単糸で織り上げる為左上から右下にかけた逆綾ですが、ウエポンは双糸の為右上から左下にかけた正綾になっているのです。

生地自体もヴィンテージになる事を想定しているので高密度に織り上げています。高密度すぎるのでミシンで縫い合わせる際にはミシン針と生地の摩擦によって煙を噴くほどだそうです。

拘りを持った生地を使用したチノパンだからこそ本格派という事ができます。生地表面の独特な艶感としっかりとした肌触りは着ていて気分があがります。

 

フレンチワークチノはテーパードがかかっているのでベーシックチノよりも柔らかい印象になります。ワンピースのインナーとして履いていただいても足元がスッキリ見えるのでお勧めですよ。

スタッフ身長160cm 着用サイズ6

もちろんタックインして腰回りを見せてもナイスだと思います。ハイウエストで腰に沿うようなラインがとても美しいパンツです。

このフレンチワークチノベーシックチノよりウエストが大きい作りです。ジャストサイズで着ることがベストなシルエットだと個人的には思うので、サイズ比較は割愛させていただきますね。

2回に分けてご紹介させて頂いたナイジェル・ケーボン ウーマンのチノパンについていかがでしたでしょうか。どちらもナイジェル・ケーボン ウーマンですがサイズが合えば男性の方も着て頂けます。みなさまも定番の1枚いかがでしょう。

それではまた次回~!

川畑

 

公式オンラインもございますので、是非ご利用くださいませ。

⇒公式オンラインはこちら


 東急プラザ銀座店 ブログ一覧はこちらから。

Nigel Cabourn WOMAN THE ARMY GYM 東急プラザ銀座
〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座5F
Tel: 03-6280-6532 am.11:00 ~ pm.20:00 ※1月8日(金)より営業時間変更