HEMP DENIMの魅力&経年変化

いつもBLOGをご覧頂き、誠に有難うございます。

岡山店の奥村です。  

2020年秋冬に発売が開始されその生地の持つポテンシャルに魅了される方が続出したファブリックのHEMP DENIM

そのHEMP DENIMの2021年春夏バージョン、パンツの紹介です。

エンジニアパンツ-ヘンプデニム/ENGINEER PANT-HEMP DENIM

Item No.80420050005

ヴィンテージのエンジニアパンツがデザインソース。

エンジニアと名の付くものは幅広い用途で使われていたモノが多く、こちらもユーティリティーパンツとして使用されていました。

股上も深くワタリもしっかりと確保されているので、着用時のストレスは全くありません。

ヘンプという生地は麻の1種で神社のしめ縄に使われているのが有名です。

しめ縄をイメージして頂くと分かるように、元となる糸1本1本が太くしっかりしています。また、繊維の長さもバラつきも多く、1日に15~25mしか織れません。旧式織機を使い時間を掛けゆっくりと織り込んでいます。

また、ヘンプはツイードと同じように10年着ないと味が出てこないと言われています。

始めの方はカチカチで着る事も困難なんだそう。 

それを製品の様に柔らかくする加工を行い、1度洗いをかけています。

非常に時間と手間が掛かる素材です。

シンチバックが付けられ、ポケットはセルビッチに。

3ピースでの発売がされ、2020年秋冬で購入しなかった事を後悔し、この時は3ピースで購入をしました。

パンツに比べるとベストとブルゾンは着用頻度が低い為、色落ち具合がそれぞれ違うので、着用していない時でもたまに洗濯をしています。

私が1年間履いたパンツと店頭品を比べてみます。

下が私物。

左が私物です。

たまに私物の経年変化ブログを書く事がありますが、撮影しながら心はニヤニヤしています。家でも結構眺めてます。 

この2枚は右が私物です。

アタリが多く出ている部分はよく見ないと綾織というのが分からないぐらいまで育ってきています。

これは、ヘンプならではの経年変化です。

2回のロールアップ、サスペンダーとベルトのどちらで着用してもカッコいい丈というのを求めていたので、半年着用しある程度縮んだところで、裾を8cmカットしました。最高の丈に仕上がっています。

せっかくなのでセットアップで着用しました。

岡山店はパンツのみの取り扱いですが、ブルゾンはまだオンラインストアに少しありそうです。ベストは全国完売です。

ヘンプデニム ランドリーバッグ/HEMP DENIM LAUNDRY BAG

Item No.80420061007

こちらのランドリーバッグはノンウォッシュで製品化されています。

ワンウォッシュタイプのパンツと比べてみます。

1度の洗いで大きく変わるのが分かります。

新作でDECK PANT-HEMP DENIMのパンツが発売予定ですが、今回紹介した、ENGINEER PANTも負けじとカッコいいです。

サイズによってはDECK PANT-HEMP DENIMを購入できない方も出てくる事が予想されますので、そういえばヘンプで違う形のがあったなとこのブログを思い出して頂けると幸いです。

 

以前のブログでサッカーをしたら足が攣ったと言っていましたが、軽い肉離れでした。

三週間ほど安静にしフットサルを再開しました。

このシューズが本当に優秀で2代目なのですが、新品ではどこにもなく中古で新品より高い値段で買いました。

奥村

 

THE ARMY GYM OKAYAMA STOREではOfficial LINEアカウント を開設いたしました。

ご登録いただいた方へ新規商品の入荷情報やイベントのご案内等の配信を予定しております。トーク画面にて個別でのご質問・ご相談なども随時承っております。 

友達追加ボタンを押して頂ければ友達追加が出来ます。

皆様からの友達追加、お待ちしております。

 

Nigel Cabourn THE ARMY GYM 岡山店

〒700-0822 岡山市北区表町1-3-27

TEL 086-230-0335