UPDATED -山内の視点-

 

 

これまでも、洋服以上にニッチな狙いを持った小物は NIGEL CABOURN JAPAN PRODUCTの中でも光る存在だった。

それもそのはず、国内でも一社しかないといわれるような職人気質満点のコレクションを誕生させてきた。

そういった知識、経験から、新作では驚きのある原案を模写したもの、続けて展開している定番でも持ち前のセンスの良さから確かなアップデートを形にしてきた。

 

これは、後者のモノ。

生地が変われば、こんなにもオーラを放つとは。

 

ルクア大阪店でも入荷して間も無く、感度の高い崇高なお客様の元へ一瞬で旅立っていきました。

 

ここ、1415+2南堀江店に一点だけありました。

 

 

 

MODEL : 40’s TOTE BAG PEAT LABEL

No. 80420061001

COLOUR : BEIGE

FITTING SIZE : F ( W56cm H38cm D20cm)

PRICE : ¥ 46,200- intax

 

 

 

素材はリネン、ラミー、を遙かに凌ぐ、ジュート素材。

天然素材そのものを引き出した、このカラーがたまらなく良い。

素材が収穫された時期によって、また生地組織によって色味は異なっていたんだろうと面白みも感じる。

 

一般的な衣料や日用品に用いられることのない、資材専用のジュート糸を独自のルートに見つけ出した事から始まったという。

そんなジュート素材の風合いを存分に表現できないか、組織の設計は至難を極め、経糸に異次元の細番の綿糸を用い、緯糸に経糸を遙かに凌駕する極太のジュート単糸で打ち込むことで、ジュート糸が浮き立ち、単にザラザラ・チクチクしているだけでない質感を保ったスペシャルな生地が完成しました。

糸そのものの風合いを生かすために、千切れてしまう恐れを顧みず、本来施すであろう糊付けをせずに、一日かけてゆっくり織るハンドリング、独自の計算があって、糸が唯一無二の生地になっている。

古くは戦争下の中でも、軍事産業を支えてきた歴史ある帆布専門の重力織機を持った工場でないと成し得ない力作である。

 

 

そんな剛性のファブリックを支えるパーツは、堅牢さを求めたクロムエクセルレザー。

油分を従来の既成モノより、倍増させて注力した別注。

指でなぞるだけで跡がついてきそうなしっとりとしたそれは、呼吸しているかのようなクオリティの高さ。

強靭な骨組みを、国内でも僅かしか可能にしない鞄職人が、一つ一つ丁寧に、力強く、鋲を打ち、縫製し、造形美を描いてゆく。

 

 

 インナーは機能的なポケットを多数完備。

 ペンホルダーに、財布、サイズによってはタブレットも収納可能な守備範囲の広さ。

日常使いから小旅行程度なら余裕で収まる収納力は幅広くこなせる。

必要なモノをガンガン入れ込んでクタクタになるまで使い込めるのも性に合う。

  

 

 昨今のアウトドアブームや、ストリートの派生からバックパックが日常的で、両手が空く事に良さを見出している方も多いはず。

バックパックの少し大袈裟なところも可愛いが、トートバッグってどこか身軽。

その身軽さが、なんとなく余裕のある感じもあって、手がふさがっているはずなのに自由にも見える。

そして、肩を通すトートバッグとは違う、ハンドルの短さ。

この短さが素晴らしく良くて、握ったハンドルから開口までのシルエットが何とも美しい。

ここが重要。

 

また、ボロボロになってしまいがちなハンドルにはNigel Cabourn の得意とする、しっかりしたヘリンボーンテープがあしらわれている配慮も安心材料。

 

大は小を兼ねるともいうべきか、バッグはこれくらい大きい程が様になり、カッコいいに決まってる。

大きさもそのはず、別名" コールバッグ "とも言われ、古くは、氷や炭鉱の運搬用に用いられたバッグを原案にしているだけ型はしっかりワークギア。

 

 

MODEL :MALLORY SHIRT COTTON LINEN

No. 80401310010

COLOUR : RED

FITTING SIZE : 48

 

 

重厚な麻袋と思って、日焼けを恐れず、むしろ日焼けさせたい。

そんな頑固なジュート素材が枯れたような顔つきになった時、同じ歩幅で別注レザーにも成長という変化が現れ、楽しめる事でしょう。

家にバッグは何個もあるのよね。

そんな声が聞こえても来ますが、これは特別。

合繊維で作られた均一整序な面とは異なり、熟練技が光るハンドクラフトの作り手の温かみ、量産出来ない強さを謳える天然素材。

素晴らしい素材使いが、土臭いミリタリースタイルや、タフなワークスタイル、トラッドからモードまで不思議とどんなスタイルに合い、同時に季節感が香る。

洋服に埋もれる事のない、確かな存在感をこのバッグは備えている。

 

山内

 

 

ご紹介致しました、商品は商品名をクリックして頂くと、1415+2南堀江店のオンラインストアでのご購入や、代引き決済による通販のお買い物も可能です。

 また、弊社の公式オンラインストアにて商品のご購入も可能です。

現在は、ご来店の難しいお客様や遠方のお客様にもご利用いただきやすいよう1415+2南堀江店と公式オンラインストアの両店は送料無料キャンペーンも実施中ですので、併せて是非ご利用下さいませ。

  

 

 

「1415+2とは…」

 

 

1415+2  ワンフォーワンセブン

〒550-0015

大阪府大阪市西区南堀江1‐14‐17

TEL: 06-6556-7606

営業時間 (12:00 open - 19:00 close)

<アクセス>

・四ツ橋駅より徒歩5

 

ルクア大阪店の過去の記事はこちら

 

Nigel Cabourn THE ARMY GYM ルクア大阪店

〒530-8558

大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ8F

TEL:  06-6341-1213

営業時間 (10:30 open - 20:30 close) ※5/11(火)まで休業中

<アクセス>

・JR大阪駅3階 連絡橋口改札より、ルクアイーレ3F入口に直結