デニム比べ

2022.03.11

新作も徐々に増えていき、ふと店頭を見たときに、デニムって一口にくくってるけど色々だよなぁ。と急に思いNigel Cabournのデニム比べしてみようと思います。

デニム・ジーンズ・インディゴ・・と伝え方はそれぞれあるかと思いますが

デニムは生地のことで語源はフランス語の「serge de Nimes」セルジュ・ドゥ・ニームでニームの綾織という意味。ジーンズは17世紀イタリアのジェノバで働いていた人たちが穿いていたパンツなので「ジェノバ製」という意味の「ジェンズ」や「ジェイノーズ」と呼ばれていました。それがアメリカに渡り「ジーンズ」と呼び方が変わったとか。

ちなみに「ジーパン」はジーンズ生地のパンツの略と、G.I(アメリカ兵)が穿いていたパンツの略という二つの説が有力らしいですよ。

さて、デニム雑学はここまでにして、比べてみましょう。

ファクトリー ジーン /FACTORY JEAN

Item No. 80441350000

従来のデニムに比べるとツルッとした質感の生地。40年代の英国士官が穿いていたパンツがベース。10オンスと一般的にあるデニムより少し軽く、デニムシャツくらいの厚み。暑い時期にも穿けるデニムです。

CC22ワークジャケット コットンリネン デニム/CC22 WORK JACKET-COTTON LINEN DENIM

Item No.80440080005

こちらは、良いアタリが出るという評判のコットンリネンのデニム。普通コットン100%なのに対し、麻が40%入っております。そのわりには、サラッとした質感です。洗うと麻特有のしわが入り、いつもとは違うデニムが楽しめます。

ファクトリー ダンガリー/FACTORY DUNGAREE

Item No.80431350500

 

AW21からちょっと特徴的なデニムを。柔らかい生地で糸が太いのが特徴。日本の岡山のデニムで12オンス。糸が太い為、生地自体が少しフワッとしている印象。RAILMAN DENIMとは正反対と言っても過言ではないくらいではないでしょうか。※こちらは阪急ONLINE未掲載です。

温かくなるとデニム生地のアイテムが欲しくなるのは私だけでしょうか??共感してくれる方、お待ちしてます(笑)

上記以外にも、ご好評につき完売いたしましたRAILMAN DENIM、これから入荷予定のHEMP DENIMや、12.5オンスで作られたショーツなどまだまだございます。これからも注目して新作などお待ちください。

 

織田

 

 ONLINEに載っていないサイズやカラーのお問合せもこちらでお気軽にご質問ください!!

 友だち追加

このたび、LINEのOfficial Accountを開設いたしました。このアカウントはご登録いただいた方へ新規商品の入荷情報やイベントのご案内等の配信も予定しております。

またトーク画面にて個別でのご質問・ご相談なども随時承っております。是非、ご利用くださいませ。

 

HANKYU MEN'S ONLINE STORE

商品一覧はこちら ≫

 

過去のブログ一覧はこちら ≫

 

  

✔️For International Tourists

HANKYU MEN’S TOKYO is giving 5% discount coupon to international tourists with passports.

✔️Nigel Cabourn THE ARMY GYM

〒100-8488
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7階
TEL 03-6252-1381(百貨店代表)

営業時間

月~日 午前11時→午後8時

- 取り扱いブランド -
Nigel Cabourn
LYBRO
FILSON
Merz b. Schwanen
 

 

 

 

掲載アイテム
一覧に戻る