Autumn&Winter2024先行予約会のお知らせ Vol.1

2024.06.11

いつもNigel Cabourn THE ARMY GYM FLAGSHIP STOREをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

Nigel Cabourn THE ARMY GYM FLAGSHIP STOREの今です。

Autumn&Winter2024先行予約会。
FLAGSHIP STOREでは下記の日程にて催します。

Autumn&Winter2024先行予約会

【 開催日程 】6月21日(金)~6月23日(日)

【 営業時間 】11:00~19:00

【 開催場所 】Nigel Cabourn THE ARMY GYM FLAGSHIP STORE

※1.一部ご用意の無いサンプルもございますので予めご了承ください。
※2.HPカタログに関しては、6月下旬の公開を予定しております。

今季のシーズンテーマは

- The 100th Anniversary -
George Mallory's Ascent of Everest 1924 
TIGHERS OF  THE SNOW

ジョージ・マロリーのエベレスト登頂(したとされる)100周年を記念したコレクションになります。

英国製に拘り創り上げた《Limited Edition 5 》
労働者や職人が着用していたワークスーツを現代に蘇らせた《OX'ed Silver》
注目のコラボレーションである《Rocky Mountain Featherbed × Nigel Cabourn》など、
見どころ満載のラインナップとなっております。

今回、私からはシーズンテーマを大きく反映させている《MAIN LINE》について紹介させていただきます。

【 MAIN LINE コンセプト】

MAIN LINEではエドモンド・ヒラリー卿とテンジン・ノルゲイがエベレスト登頂を果たした物語にクローズアップしました。
その中でもMAIN LINEを手掛けるZUKI氏はシェルパである『テンジン・ノルゲイ』に着手。

彼はネパール国籍でありながら、シェルパから英国登山隊に選出されるほどの能力を持っていました。その背景には、『アン・ターカイ』という人物が大きく関わっています。

アン・ターカイは、ジョージ・マロリーの後に英国登山隊の隊長を務めていた『エリック・シプトン』に認められた凄腕のシャルパであり、自身の後任としてテンジン・ノルゲイはエドモンド・ヒラリー卿の右腕(シェルパ)に推薦をした人物になります。

本コレクションでは上記のストーリーを含め、登山隊やシェルパが着用していたユニファームを製品に反映させています。

MAIN LINEでは、テーマ性に沿った製品や注目の新型、過去作の復活など、目白押しのラインナップとなっております。

HPカタログの公開が6月下旬の公開を予定しておりますので、今回は商品数多めで紹介をさせていただきます。
かなりのボリュームですが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

マウンテーニア ダウンジャケット / MOUNTAINEER DOWN JACKET
Item No. 80490000020
Colour : Dark Navy / Khaki
Size : 46 / 48 / 50 / 52

本製品のデザインは1941年から42年までの僅か1年のあいだ運用されていたU.S.A.A.Fのシープスキンとレザーのコンビネーションが特徴的なフライトジャケット『B-7』と、山岳部隊が運用したマウンテンジャケットを折衷したデザインとなっております。

B-7は、マイナス50度まで下がるエキストラ・ヘビーゾーンでの着用を目的とし、アラスカにベースを置いた航空隊に支給されたことから、アラシカンジャケットの異名もあるほど保温性に長けております。

レザーポケットとジップポケットのコンビネーションがB7らしく目を惹きますよね。

そんなB-7に習い、本製品も保温性は抜群。

ダウンが70%~80%、リサイクルダウンは20%~30%の仕様となっております。
使用しているリサイクルダウンは、使用しなくなった布団のダウンを乾燥させて再生させたもの。環境に優しく、保温性に長けた優れものになります。

ボディはNigel Cabourn独自のレシピで"しぼ感"を出したタスランナイロンを採用。

軽量性と強力な引き裂き強度を持つ頑丈なファブリックとなっております。

こちらの目を惹くクリップの誕生秘話に関しては、後ほど説明させていただきますね。

40s タンカースジャケット アーミーメルトン / 40s TANKERS JACKET ARMY MELTON
Item No. 80490030004
Colour : Green
Size : 46 / 48 / 50 / 52 / 54

第二次世界大戦において、米国陸軍が運用していたWINTER,COMBAT,JACKET(通称 : タンカースジャケット)と、米国陸軍航空隊の飛行兵が着用していたA2フライトジャケットのコンビネーション。

これは米国軍好きの方には堪らないでしょ。

袖のレザーには"ホースハイドレザー"を採用。

ホースハイドレザー(馬革)は軽量性、耐久性、柔軟性に優れ、数々のブランドがフライトジャケットやエンジニアブーツに用いております。

使い込んでいくと鈍い光沢感が現れ、更に愛着が増していきますよ。

ボディには梳毛ウール(細かい糸)を採用。

レザーとの相性も非常に良く、保温性もしっかりと確保してくれます。
このコンビネーションのセンスは流石ですよね。

リブは箇所によって色を変えている拘り。

襟と裾に関してはボディに合わせた色を採用しておりますが、袖リブはA2で多用されていた"赤みを帯びたウールリブ"を再現。
これを違和感なくやってのけるのがNigel Cabournというブランドです。

昨年展開されたM42 DECK JACKET ‐ MIXに近い作りとなっておりますが、サイズを前者よりもゆったりとさせています。
また、54サイズの展開もございますので、私のように体の大きい方は必見ですよ。

50s カーディガン - 20.5オンス / 50s CARDIGAN - 20.5oz
Item No. 80490020041
Colour : Grey / Charcoal Grey / Bordeaux
Size : 42 / 44 / 46 / 48 / 50 / 52 / 54

昨年は20.5ozシリーズからクルーネックが新型として展開されましたが、今季はカーディガンタイプが登場。

30年代〜50年代に見られた、スウェットカーディガンから着想を得たデザインを採用しております。
20.5ozの保温性を調整できる前開きの作りは、必ず重宝することでしょう。

襟は60年代〜70年代に見られたスウェットのベースボールカラーを再現。
ボタンの配置バランスは、民間のフライトジャケットに習って付属されています。随所にヴィンテージの要素を反映させた仕様は流石ですよね。

色展開は青みの強いCharcoal Greyと鮮やかなBordeauxが新色として登場しました。

ファンも多い20.5ozシリーズ。
こちらも見逃し厳禁かと。

ターカイシャツ オンブレネル / THARKAY SHIRT OMBRE NEL
Item No. 80490010004
Colour : Light Grey / Brown
Size : 46 / 48 / 50 / 52

冒頭で紹介した『アン・ターカイ』にフォーカスを当てた本製品。
彼の写っている資料の中で着用していたシャツを再現した仕様となっております。

ファブリックは、BAP加工を施したウォッシャブルフランネルを採用。
BAP加工とは、スケールが立ち上がらないように羊毛表面を樹脂で覆う加工になります。この加工は風合いが硬くなる欠点がありますが、本製品の場合はソフトな風合いの樹脂を使用しているため、非常に柔らかい仕上がりとなっております。

Nigel Cabournでは久しぶりの展開であるオンブレチェック柄。
これは軍パンとの合わせが最高でしょうね。

ブリティッシュアーミーシャツ - ヘンプホースクロス / BRITISH ARMY SHIRT - HEMPHORSE CLOTH
Item No. 80490010003
Colour : Charcoal Grey / Khaki / Beige
Size : 46 / 48 / 50 / 52 / 54

昨年、多くの方にご好評をいただいたBRITISH ARMY SHIRT - HEMPHORSE CLOTH。

ヴィンテージの馬布(馬と鞍の間に敷いてい布)をターゲットに、ヘンプ100%で製織。
SSで使用しているヘンプよりも太い糸を使用し表面に起毛をかけました。
更に出来上がった生地に塩縮加工を加え、ポコポコとした立体感としなやかさ、そして快適な着心地が味わえるシャツとなっております。

今季は新色である"Beige"に加え、昨年に即完売した"Khaki"も展開しております。
今年も昨年と同様に争奪戦になる予感がしますね。

40s US マウンテンアーミーパンツ / 40s US MOUNTAIN ARMY PANT
Item No. 80490050010
Colour : Green / Khaki
Size : 30 / 32 / 34 / 36 / 38

復刻して欲しいとのお声が多かった40s US MOUNTAIN ARMY PANT。
ついに再リリースされます。

デザイン基は1940年代に米国山岳部隊が運用していたもの。
山岳部隊はもともと米国軍では正式に採用されておらず、1941年から徐々に組織化され、1944年に正式に第10山岳師団として第二次世界大戦下で活躍をした部隊となります。

そんな背景を持つ部隊員が着用していたマウンテンパンツは、軍パンというカテゴリーの中でも異彩を放ちます。

独創的なフロントのジップポケット、極太のワタリ幅から裾に向かってのテーパードシルエット、裾口のストラップなど、このマウンテンパンツでしか味わうことのできないギミックが多く存在します。

シーズンテーマにも沿った本製品に是非ご注目ください。

アーミーカーゴパンツ - フェードカモ / ARMY CARGO PANT - FADE CAMO
Item No. 80490050013
Colour : Green
Size : 30 / 32 / 34 / 36 / 38
 

AW23ではPEALING PRINT、SS24ではNANO PIGMENTと、ここ近年は生地へのアプローチを変えて展開されているARMY CARGO PANT。
本コレクションではSS24でも人気を博したFADE CAMOファブリックがリリースされます。

こちらのファブリックのショートパンツをNigel Cabourn氏が着用しているのが記憶に新しいですね。

近年では、トップメゾンブランドもミリタリーブームにより、こぞって迷彩の製品を展開しておりますが、そのほとんどがウッドランドパターンやリーフパターンなどのUSパターンになります。

そんな中、Nigel Cabournではドイツ軍のブラッシュストロークパターンに着手。
このニッチな目線での物作りはミリタリーへの知識があってこそかと。

この迷彩は本当に良いですよ。

フレンチワークジャケット - ヘンプ / FRENCH WORK JACKET - HEMP
Item No. 80490030001
Colour : Charcoal
Size : 46 / 48 / 50 / 52

展示会時に、OX'ed Silverであると錯覚してしまったほどの雰囲気を放つ本製品。

フレンチヴィンテージで年々高騰している"ブラックシャンブレー"の生地組成に習い、本ファブリックは誕生しました。Charcoalのみで構成をせず、黄土色の色糸を交えているため、ヴィンテージライクな表情に仕上がっております。

これはヴィンテージ同様、経年変化が楽しみなファブリックですね。

型は製品名の通り、フレンチヴィンテージのワークジャケットから着想を得ておりますが、ヴィンテージとは異なりポケットのフラップにボタンが配置されています。

このボタンの有無でヴィンテージと差別化を図っていることが分かりますね。

フレンチワークベスト - ヘンプ / FRENCH WORK VEST - HEMP
Item No. 80490070001
Colour : Charcoal
Size : 46 / 48 / 50 / 52

 

フレンチワークパンツ - ヘンプ / FRENCH WORK PANT - HEMP
Item No. 80490050001
Colour : Charcoal
Size : 30 / 32 / 34 / 36

こちらはベスト、パンツもございます

全てヘンプ90%、コットン10%で構成されているため、幅広いシーズンでの着用が可能です。また、3ピースでの着用は勿論、どれも単品使いに長けたデザインなので着用シーンは多いはず。

これは今シーズンのダークホースかと。

キャプテンベスト - オイルベロア / CAPTAIN VEST  - OIL VELOUR
Item No. 80490090000
Colour : Brown
Size : 46 / 48 / 50 / 52

シェルパ(登山者が山頂に辿り着くための手助けをする案内人)が着用したヴィンテージのオーバーベストをベースに誕生した本製品。
(テンジン・ノルゲイとアン・ターカイもこのシャルパに属していました。)

ファブリックは最高品質のカウベロア、裏地には保温性抜群のウールライニングを採用。

パイピングレザーには、クロムとタンニンのハイブリッドなめしを施したホースハイドレザーを使用しております。こちらはヴィンテージの個体に寄せて、敢えてパイピングは少し凸凹させている拘り。

そして、最初に紹介したMOUNTAINEER DOWN JACKETにも採用されていた"ファイヤーマンクリップ"
実はこんな裏テーマの基に製品に反映されています。

【 登山部隊の支えた消防士の存在 】

当時、登山の際に遭難や事故が発生した場合に救助の役割を担っていたのが"消防士"になります。

MAIN LINEの製品では、当時のファイヤーマンのユニフォームに採用されていた、.1920〜30年代の最初期に見られたナスカンとDカンを組み合わせたデザインのクリップを用いています。

OX'ed Silverでは、この裏テーマに沿った"大物"も展開いたしますので、お楽しみに。

上記の他にも消防士に関連するディテールが存在しますが、そちらは次の機会に紹介をさせていただきます。

以上11型を紹介させていただきました。
まだまだ紹介し足りないですが、全貌を明らかにしすぎても面白みに欠けるため、上記以外のアイテムはぜひ先行予約会でご覧になられてください。

皆様のご来店とお問い合わせをお待ちしております。 

さて、今回はAW24予約会の概要とMAIN LINE製品について紹介させていただきました。

後日、遠藤から『Limited Edition 5』『OX'ed Silver』について紹介がありますので、こちらも楽しみにされていてください。

最後にインスタライブのお知らせになります。

【日程】
2024年6月20日(木
) 19:30~

上記のイベント開催に伴い、AW24のサンプルを一部紹介させていただきます。

配信中はお気軽にご質問ください。可能な限り回答させていただきます。 
配信開始時間が前後する場面がございます。あらかじめご了承ください。

皆様、是非ご視聴くださいませ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  

LINE

《Nigel Cabourn THE ARMY GYM FLAGSHIP STORE OFFICIAL LINE Account》

ご登録いただいた方へ新規商品の入荷情報やイベントのご案内等の配信を行なっております。トーク画面にて個別でのご質問やご相談なども承っております。

皆様からのご登録を心よりお待ちしております。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

営業時間 : 11:00 〜 19:00

Nigel Cabourn THE ARMY GYM FLAGSHIP STORE
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-21-4 (中目黒駅から徒歩5分)
TEL 03-3770-2186

掲載アイテム
一覧に戻る