UTILITY SHIRT CHUSEN DYE NATIVE/ユーティリティーシャツチュウセンダイネイティブ

皆様こんにちは、阪急メンズ東京の都富です。

本日は、新作で入荷しましたシャツのご紹介です。

 No,80430010003

UTILITY SHIRT CHUSEN DYE NATIVE/ユーティリティーシャツチュウセンダイネイティブ

注染(ちゅうせん)とは、特殊な糊で防染し重ねた生地の上から染料を注ぎ、模様部分を染め上げる型染めの一種。明治初期、手拭いが生活雑貨の定番になりこの染め技法が生まれました。

①台の上に生地をおき、型を載せて防染糊といわれる糊をへらをを使って伸ばします。防染糊は、文字通り染料を通さない特殊な糊です。この糊が付いていない部分に染料が入ります。

②糊のついた生地を台に置き、やかんにお湯と染料を混ぜ合わせ"色"を作ります。生地の上に土手をつくり、色を付けていきます。この土手をつくることで、色が流れないようにしてます。 気になった方は、調べてみてください。

③この後は、洗う作業。余計な糊と染料を落としていき干していきます。

非常に分かりにくい説明で、あまりに想像できなかったですかね?3つの工程で説明していますが、こんなに簡単な作業ではありません。

なにが言いたいかというと、注染という伝統的な型染めはすべて職人さんの手作業で行われているんです。

サイズ48と50を比べてみました。使っている色は同じです。しかし、染まり方が違うのがわかります。手作業だから生まれる希少性。同じものがないんです。

ナイジェルケーボンの経年変化する商品も、皆様の着方、洗濯でそれぞれの個性がでます。注染の技法も職人さんの個性が出るモノだと思います。それが手作業の素晴らしいところですね。

 

この技法は、糸自体を染めてます。そのため、表裏なくきれいな染め方が可能です。

 

ボックスシルエットですね。実は、オーバーオールと合わせてます。シャツジャケでも使えます。オープンカラーで合わせるのがおススメです。生地が柔らかくてしっとりしてます。厚みがあり、着心地最高です。こんなに笑顔ですもん。

一見、派手だなと思うんですが、着てみると思ったほど派手に見えないっていうのが個人的な意見です。かっこいいです。

 

 是非店頭、またはオンラインでもご覧ください!

 Nigel Cabourn THE ARMY GYM 阪急メンズ東京 スタッフ一同

 

商品一覧はこちら ≫

記事一覧はこちら ≫

阪急メンズ東京限定のWEBカタログ

Nigel Cabournのカタログには未掲載の商品もございます。

✔️阪急WEBカタログ ✔️

 

 

✔️For International Tourists

HANKYU MEN’S TOKYO is giving 5% discount coupon to international tourists with passports.

✔️Nigel Cabourn THE ARMY GYM

〒100-8488
東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7階
TEL 03-6252-1381(百貨店代表)

営業時間

月~日 午前11時→午後8時

- 取り扱いブランド -
Nigel Cabourn
LYBRO
FILSON
Merz b. Schwanen
 VINTAGE WEARS