In Depth: Submariner Sweaters and Roll Neck Knits

サブマリンセーターとロールネックニットを深堀り

秋がやってきて、温度が下がるにつれて、夏の飾りは家庭的なものに変わっていきます。サラダは健康的なスープに、コットンは厚いウールに取って代わります。ロールネックジャンパーもその一つでしょう。

ボタンダウンのオックスフォードシャツや3つボタンのブレザーのように、ロールネックはいつもあるような、時代を超えたアイテムの一つです。15世紀には、勇敢な騎士たちが重い鎖帷子の鎧の下に、摩擦を防ぐために似たようなものを着ていたり、19世紀半ばには、ポロの選手たちが、凍り付くほど寒い屋外でハイネックのジャンパーを身に着けていました。



この理由はロールネックが知られている多くの一つに過ぎません。ポロネックやタートルネック、あるいは下着を意味するスキヴィーと呼ぶ人もいます。しかし一般的に、分厚いウールで作られたプルオーバータイプのセーターで高いリブ襟がついているものを意味します。

初期のロールネックは漁師や船員のために手編みのものが多かったが、1907年にアーネスト・シャクルトンが着用し南極に航海したことで世界中に浸透し、1911年のオーストラリア南極遠征隊の多くのメンバーが着ていた。



20世紀初期には、様々な形やパターンのハイカラーニットが存在していたが、英国海軍のために何千もの重厚なロールネックウールセーターを作り始め、第一次世界大戦中に我々が知っている形に変化しました。

船員は過酷な海で戦っている間、ジャケットの下に何かを着る必要がありました。ハイネックはダッフルコートの襟の上にしっかりと出て、甲板にいる間首元を保温し、柔らかいウールは狭いキャビンの中でわずかに快適さを与えました。

これらの強みはまた、英国海軍の謎のサブセクション…潜水艦のクルーにもかなり人気があったことを意味しています。孤立した仕事の性質上、乗組員たちは海軍のトップによって決められたガイドラインに従うことにそれほど反発はしませんでした。(彼らの長いあごひげと不潔感のおかげでほかの海軍によって現代の海賊とみなされました)しかし、規則は水上の船員の半分にも厳密に守られませんでしたが、クルーネックニットは大変喜ばれました。
水中でのこの大事な存在が、たくさんのあだ名があるもう一つのロールネック、サブマリンセーターを与えました。



第二次世界大戦中、北海の氷の海を通ってソビエト連邦の港に貴重な物資を運ぶ北極護送船団に関係する人々の制服のほとんどがロールネックでした。ジャンパーもまた特別な温かさが必要の際にRAFパイロットによってフライトジャケットの下に着用されました。

便利で多用途なもロールネックはすぐに広まり、第二次世界大戦後の無数の軍の余剰物資店のおかげで、屋外の重要なワードローブになったのです。バイカーはレザージャケットの下に、クライマーとハイカーはツイードジャケットの下にロールネックを重ねていました。相変わらず、ロールネックは探検家のお気に入りであり続け、ジョージ・ロウは1955年~1958年の連邦南極大陸横断遠征中に、オレンジとエクリュの縞模様のロールネックを着ていたことで有名でした。



このような勇気ある偉業のおかげで、サブマリンロールネックは規範外の生活のバッジとしてみられ、部外者として自分自身を見せたくてたまらない詩人や作家、芸術家たちもこぞって身に着けていました。1950年代のビート詩人は、アーネスト・ヘミングウェイと同じようにファンでした。

1970年代までには、ファインゲージウールで作られた、より軽量でスリムなタートルネックが現代知性の象徴となりました。愛情のこもったサブマリンセーターは寒い日の理想的な衣類としていまだに残っています。

今日でさえ、潜水艦の船員たちが着用していたクラシックな白いロールネックは海軍によって使用されています。最初にロールネックが出てきたときから、世界は少し変わったかもしれませんが、よくできたサブマリンセーターのように寒さを完全に防ぐものはまだありません。