In Depth: A Potted History of Military Trousers and Cargo Pants

ミリタリートラウザーズ&カーゴパンツの歴史を掘り下げる

昨今街中で着用されているパンツの中にもミリタリーパンツに起源を持つものは多々あります。ファティーグパンツであり、またチノパンツもそうです。今季ナイジェル・ケーボンが発表しているコレクションの中にも勿論そのようなアイテムが含まれていますので、その歴史と共に紐解いて参りましょう。

モダン・ミリタリーパンツとしての起点は1930年代に起きた英国に関わるものから見て取れます。1900年迄は大きな変化はありませんでしたが、馬から戦車等に変化するにつれ、その中でも一番フォーマルなユニフォームである「サービスドレス」が変わり始めます。

長年の研究によるとその変化の端は、実に英国ミリタリーからバトルドレスに至るまで、またアイテムではハットやサファリジャケットに垣間見られます。



1938年に発表された新ユニフォームの中でもモダンコンバットとして注目すべき点としては、ショート丈で立体裁断した袖の作りであるショートブルゾンがあります。当時は一見変わった様相にも見えた本品ですが、特にライフルを構える際や車等を運転する際に着用をすればそれは実に快適だと評判になりました。これはその機能が「フォーマルであるべき」という考え方を変えた瞬間で、戦地で履かれるパンツにも取り入れるべきという方向へ導くキッカケとなりました。

ブリティッシュ・アーミーパンツは頑丈なベルトループが配され、左足全部にはマップポケットが、右臀部にはフィールドドレッシングポケットが配されました。今見ればシンプルなデザインではありますが、この時ミリタリートラウザーズはただ足を保護するものではなく、必要な備品を格納するものになったのです。このマップポケットが無かったら、大きな地図を持ち歩くことは少しナンセンスなことになっていたのかもしれませn。

この新ユニフォームは第二次大戦時に取り入れられましたが、往年の将校は「俺は三流運転手みたいな格好で死ぬつもりはない」と揶揄をしたことは有名な話ですが、実のところこのパンツに対する考え方はカナダやオーストラリア、またインドでも直ぐに取り入れられました。

一方米国ではウィリアム・P・ヤボラフ軍曹が米国の空挺部隊のユニフォームの刷新を命ぜられていました。この部隊は50kgにも及ぶ備品を背負って飛行機から飛び降りる任務がありますので、その重量を分散することが鍵で往年のジャンプスーツを止め、昨今の上下に分かれた2ピース、そしてポケットを配したものを取り入れたのです。



コットンツイル素材のパンツは英国のバトルドレスのデザインとして開発されたものの一例ですが、より多くのポケットが備品の搬送に役立ちました。そして先にも登場した英国のデザインは世に投じられた一番最初のカーゴパンツでもあるのです。

当時、米国の一部の兵士はウールのパンツを纏い、体力を消耗しながら馬に跨っていましたが、この機能的なコットン性のパンツの情報を知り直ぐに開発、そして生まれたのが世に知られるM-43タイプなのです。

勿論開発というものは常に進められるものですので、米国は50年代初頭にOD-107ファティーグパンツを発表します。前面に配された四角いポケットは特徴的で朝鮮戦争、そしてベトナム戦争の前半期に活躍しました。ベトナム戦争では熱帯気候の中での戦闘であった為、1962年には前述のウィリアム・P・ヤボラフはファティーグパンツに代わって所謂カーゴパンツを再投入するに至ったのです。

スタンダードなカーゴパンツというものがある一方で、特殊な舞台の為の特殊なパンツというものも存在します。全て挙げると糸目がありませんが、分かり易い例としては第二次大戦後に米国海軍が取り入れた中綿入りのコールドウェザーパンツがあります。熱い生地であることから、膝に切れ目を入れて可動域を増やしたものです。他には米国海兵隊のモンキーパンツで、これは臀部に3つのボタンで留める大きなポケットがあり、これはメカニックが備品を入れていたものです。この辺は20世紀中期に開発されました。

その後、そのような軍服、また過剰品はサープラスとして世に出回ることになります。50年代、60年代、70年代のものは英国や米国を中心に頻繁にオークション等に出品され、国を関係なく人々の手に渡っていったのです。

これは昨今のアウトドアクロージング業界に大きな影響を与えていることは言うに及びません。その要素はクライマー、ハイカー、キャンパー、ハンターそしてフィッシャーマンが纏う衣類に見て取ることが出来ます。もはや昨今の一般生活の中で纏うものに散見できると言っても決して過言ではないのです。



今季我々はクラシックなミリタリーデザインのトラウザーズを数多く発表しています。WW2パンツはクラシックな英国のバトルドレスパンツを、アークティックパンツは海軍のそれをベースに軽量でコットンジャージで。コールドウェザーパンツは米国海兵隊のモンキーパンツと英国空軍のフライトスーツのコンビネーションで。勿論全てのアイテムがヴィンテージアーカイヴをベースに、昨今の生活に合わせて作り直しています。