【SS20 MAN】マウンテンアーミーパンツ / 40'S MOUNTAIN ARMY PANT
【SS20 MAN】マウンテンアーミーパンツ / 40'S MOUNTAIN ARMY PANT
【SS20 MAN】マウンテンアーミーパンツ / 40'S MOUNTAIN ARMY PANT
【SS20 MAN】マウンテンアーミーパンツ / 40'S MOUNTAIN ARMY PANT
【SS20 MAN】マウンテンアーミーパンツ / 40'S MOUNTAIN ARMY PANT

【SS20 MAN】マウンテンアーミーパンツ / 40'S MOUNTAIN ARMY PANT

Item No. 80400050007

通常価格 ¥0 保存する Liquid error (product-template line 113): NaN%
1 個 在庫あり

1940年代に英国陸軍山岳部隊で運用されたミリタリーパンツをベースとしたデザインです。多くの国において山岳部隊は一般的な陸軍とは明確に差別化され、専門の部隊として構成されています。急峻な地形、薄い空気の元、登山家としての知識、経験、テクニックを要求される事が理由です。平地における歩兵の行軍とは比較にならない体力と知力が必要である事から、何れの国においも山岳部隊はエリート部隊と同義である事が多くなっています。
登攀の姿勢は腰を曲げ、膝を引き上げる動作を基本とします。この際、パンツ対し、下方向への大きな負荷が掛かるのが、後中心のベルトループです。もしこの部分が細いベルトループで華奢な縫製であれば数回の登攀で引きちぎれるでしょう。
本製品は、この部分を6インチ程度の幅の広いパーツを持ってベルトループとしています。この構造だけでも相当の強度を持ちますが、上下を頑丈なステッチで固定した上に、さらに四方にカンヌキステッチを追加し、万全な剛性を確保しています。このカンヌキステッチが、日常着とミリタリーウェアの決定的な違いです。ただ、単に日常生活の中で「身につける」ものと、「命を守ってくれる」もの、の違いです。
また、ベルト幅自体も広くとっており、センターフロントは上下2列構造となっています。両脇のポケットは通常玉縁か、あるいはフラップ付き程度となるところですが、本製品はファスナー仕様となり、内容物の落下を確実に防止します。

両腿部分には、カーゴポケット。大容量を稼ぐために中央にマチがセットされています。前面は身頃とツライチになっており、後方は必要最低限のマチ分量が確保されています。岩や木々などにひっかかる事を回避しつつ、容量を確保するための形状です。
膝部分は前身頃全てを二重にし、登攀による摩擦に耐えます。スソは頑丈なヘリンボーンテープで絞り、ブーツインできる構造になっています。一般的なアーミーパンツはただ単に紐を通してある事に対し、本製品のそれは端を縫い留めてループ状にする事で、テープそのものの脱落、紛失の可能性を抹消します。

ミリタリーウェアは上下セットの着用で運用される事がほとんどですが、本製品とセットのビンテージウェアは極めて特異な形状をしています。背中にリックサックが縫製で叩き付けられており、こうした本製品の特有の仕様を含めて山岳部隊の特殊な性格を雄弁に物語るようです。

素材

コットン100%

品番

80400050007

Collection

2020 S/S

SEX

MAN

ITEM

パンツ

LINE

MAIN LINE

生産国

日本