【SS19 MAN】 パッカブルコート/PACKABLE COAT - COTTON/NYLON
【SS19 MAN】 パッカブルコート/PACKABLE COAT - COTTON/NYLON
【SS19 MAN】 パッカブルコート/PACKABLE COAT - COTTON/NYLON
【SS19 MAN】 パッカブルコート/PACKABLE COAT - COTTON/NYLON
【SS19 MAN】 パッカブルコート/PACKABLE COAT - COTTON/NYLON

【SS19 MAN】 パッカブルコート/PACKABLE COAT - COTTON/NYLON

Item No. 80380000004

通常価格 ¥0 保存する Liquid error (product-template line 113): NaN%
1 個 在庫あり

科学時術の進歩は戦闘艦船の基本構造にも大きな変化を及ぼしました。 Combat Information Center 通称C.I.C.、すなわち戦闘指揮所が、見晴らしの良い環境から、防弾板に囲まれた船舶の中心部に潜り、高感度の電子の目が的確な情報を多角的にモニターに投影し、コンピュータが瞬時に分析し次の行動を決定する時代です。 時にイージス艦における高感度高出力レーダーと全ての兵装がリンクしたイージスシステムはその好例と言えるでしょう。しかし、そのイージス艦でも平時の何でもない航行で民間の船舶と衝突時を起こす事が事実あります。 原因は視認監視不充分。 イージス艦も通常時は、フェイズドアレイレーダーを稼働させず、通常航行に必要なレーダーのみを目とします。そして同時に人の視認による監視は不可欠です。 船舶の場合、陸上の乗り物に比べて見張りが重要視されるのは、操作に対する船体の動きがとても緩慢であるからです。原油を満載した大型タンカーの場合、時速約30キロ(16ノット)の全速前進時にスクリューの回転をストップした場合、船体が停止するのに8キロメートルを要します。回転ストップと同時に全速後進を掛けても3キロメートル進みます。そこで全て事前に判断し事前に操艦する必要があるため見張りが不可欠なのです。 そして、船外の見張りに立つ要員は雨風から身を守るためにしばしばコートを羽織ります。 さらに本製品には興味深い機能がもうひとつ付与されています。 それがパッカブル。 後身頃の裏に仕込まれたポケットに本製品そのものを折り畳んで収納していくことによってコンパクトで持ち運びやすいパックに変貌します 船外での見張りのために着用する機会は少なそうですが、旅行やビジネスシーンなど、活躍の幅は広がります。

素材

本体 コットン50% ナイロン50% 別布 コットン100%

品番

80380000004

Collection

2019 S/S

SEX

MAN

ITEM

コート

LINE

MAIN LINE

生産国

日本