《レザーについて》ブレイシーズ / ベーシックベルト / コンチョベルト

ショップインフォをご覧の皆さま、こんにちは。
東急プラザ銀座店の桐山です。

今回はレザーについて。「皮(スキン)」から「革(レザー)」になるまでの過程を簡単にお伝えしたいと思います。

そもそも皮を仕入れ、それが革となるまでにはおおよそ20もの工程を踏み、期間も2,3ヶ月、そこから物作りが始まるという、とても手間のかかる大変な作業です。

原皮(げんぴ)という動物の皮膚が腐敗しないよう、塩漬けや乾燥処理をした状態から始まります。ここから丹念に不要な肉片や汚れを落とし、繊維をほどく、薬剤を浸透させやすくする…などの多くの前処理を施します。

そして、メインの鞣し(なめし)作業に入ります。鞣しとは腐敗や乾燥が進まないよう薬剤を浸透させることです。鞣し方法により風合いも変わるので最も重要な作業。この工程を踏み終わることで「皮」を「革」という表現に変わります。

鞣しが終わればやっとここで染色や加工を施すことが可能になります。その後は洋服の生地のように製品を作る過程へと進めます。

 

鞣し方法も一緒にナイジェルケーボンのオススメレザーアイテムをご紹介していきたいと思います。

ブレイシーズ BRACES  サスペンダー ナイジェルケーボン

ブレイシーズ BRACES  サスペンダー ナイジェルケーボン

ブレイシーズ / BRACES


Item No.80400864010
Colour:Beige / Navy
Size:F

2020S/SよりWOMANのブレイシーズが初登場です。ブレイシーズのデザインはY字型。女性でも使いやすいクラシカルな雰囲気です。

素材はヌメ革を使用しております。ヌメ革とは皮を植物タンニンといわれるミモザなどの植物から抽出した天然剤に漬け込む方法で鞣した革のこと。植物タンニンは環境に良いことやタンニンが酸化することで、より経年変化が楽しめるという特徴があります。ヌメ革はメンテナンスが必須!面倒だと感じるかもしれませんが、しっかりとケアをして大切に使い続けたレザーは深く艶のある唯一無二の風合いになるでしょう。

 

次にご紹介するのは手を抜きがちなベルト!細部がチラッと見えた時、品のあるベルトだと一段とかっこいいです!

ベーシックベルト BASIC BELT  ナイジェルケーボン  ベルト

ベーシックベルト / BASIC BELT

Item No.8040086400
Colour:Brown / black
Size:6,8

コンチョベルト CONCHO BELT  ナイジェルケーボン  ベルト

コンチョベルト / CONCHO BELT
Item No.80400864001
Colour:Brown / black
Size:6,8

デザインは少し長めに作られていて、幅も太過ぎず細過ぎずないデザイン。ベーシックベルトもコンチョベルトも先にはナイジェルケーボンお馴染みのブロードアローマーク。コンチョタイプもイカつさがないので様々なコーディネートに合わせやすいです。

こちらはブライドルレザーを使用。ブライドルレザーとはイギリスの伝統的な製法を施した牛革。製法は先程と同様の植物タンニン鞣しですが、溶剤にロウやオイルなどをプラスして染み込ませています。表面に白い粉のようなものが付いているのが分かりますか?これはロウがしっかりと染みている証拠です!ロウが染みてるので基本のお手入れは乾拭きでOK!表面がカサついてきたらメンテナンスサインです。比較的お手入れする頻度が少なくていいので楽ですよね。笑

 

経年変化ってかっこいいですよね。性格がメンテナンスの仕方に現れるものだと聞きます。私は休みの日や寝れない日にベランダでコツコツとレザーを磨いて、磨き終わった物を並べて眺めている時が幸せです!笑

桐山

 

東急プラザ銀座店 ブログ一覧はこちらから。

Nigel Cabourn WOMAN THE ARMY GYM 東急プラザ銀座

〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座5F

Tel: 03-6280-6532 am.11:00 ~ pm.21:00