LYBRO ”ポプリンシリーズ”

いつもショップインフォをご覧いただきありがとうございます。新宿店の丸山です。いよいよ本格的に春夏シーズンが立ち上がりました。

今回も立ち上がりと同時に、LYBROラインが一気に入荷しています。インスタグラムでも各店から続々紹介されていますので、是非そちらもチェックしてみてください。

そんなLYBROラインの中から、おそらく最も目立っていないアイテムを紹介します。一番目立っていませんが、僕が一番くらっている(心ゆさぶられている)シリーズ…。”コットンポプリン”の生地を使ったシリーズです。

USMC シャツジャケット / USMC SHIRT JACKET -AGED COTTON POPLIN-

Item No. 80401380020

ジップアーミースモック / ZIP ARMY SMOCK -AGED COTTON POPLIN-

Item No. 80401330020

さて、まずはポプリンがどんな生地かというところから一応説明しておきます。

ポプリンとは、「細めの糸を平織りでタイトに織った生地」です。一般的なワイシャツの生地を想像していただければわかりやすいかもしれません。ちなみに、”ポプリン”と”ブロード”は同じ意味で使われ、イギリスでの呼称が”ポプリン”です。

この説明から入ると、かなり薄めな生地が使われているのではないかと思った方も多いと思いますが、今回紹介する2型に使用されている生地はそんなことはありません。厚くはありませんが、ハリと密度をしっかりと感じる、安心感のある生地に仕上がっています。

この小慣れた生地感。スタイルネームのサブタイトルに -AGED COTTON POPLIN- とあるように、生地に強めの洗いがかかっており、ポプリンの上品なイメージが良い意味でそぎ落とされています。ここがナイジェル・ケーボン。最高です。

USMC SHIRT JACKET といえば、2019AWシーズンのモールスキン生地のモデルが記憶に新しいです。デザインソースはアメリカ海兵隊(United States Marine Corps)が40年代に運用していた、市場でも希少価値の高いヴィンテージ。今回は、昨シーズンモデルにはついていた背中の大きなポケットがなくなり、よりソリッドなイメージに。

誰が着てもかっこいいジャケットというのは、こういうジャケットのことだと思います。

続いて。

こちらのZIP ARMY SMOCK は、イギリス軍の特殊空挺部隊(通称SAS)が40年代に運用していたスモックを、フルジップの前あきにアレンジした一品。運用当時、実際に保有者がフルジップにアレンジしていたケースもあったようで、フルジップタイプのヴィンテージも存在しています。

スモックに興味を抱きつつも被りのトップスが苦手という方、これしかありません。スモックがベースであるという背景を踏まえ、やや大きめのサイジングで着ていただきたいところです。ジャストサイズで着るより、確実に”わかってる感”が出ます。

 

今シーズンのLYBROでどれかいくなら、僕はここだと思います。

是非お店で袖を通してみてください。

 

丸山

 Nigel Cabourn新宿伊勢丹店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹メンズ館7階
TEL 03-3352-1111(代表)
アクセス
メトロプロムナード B5・B4・B3

 ・東京メトロ丸の内線新宿三丁目駅徒歩1分
 ・都営新宿線新宿三丁目駅徒歩3分
 ・JR新宿駅徒歩5分 / 小田急線新宿駅徒歩7分
 ・京王線新宿駅徒歩7分
 ・西武新宿線西武新宿駅徒歩5分
 ・都営大江戸線新宿西口駅徒歩10分