FARM PANT

ショップインフォをご覧いただいている皆様、いつもありがとうございます。新宿店の丸山です。

今回は、僕がいま一番欲しいアイテムを紹介したいと思います。もともと買う予定ではなかったんですが、あらためて良さに気づいてしまいました。今にも勢いで買ってしまいそうなので、いっそのこと在庫が無くなればいいなぁと思っています。

こちらです。

ウールファームパンツ/WOOL FARM PANT -HERRINGBONE WOOL

Item No. 80391150000

 FARM PANT WOOL

コードファームパンツ/CORD FARM PANT -8 WALE CORD

 Item No. 80391150010

FARM PANT CORD

 

ご存知の方も多いかと思いますが、この2型はいずれも同生地でジャケットがあり、セットアップで着ることができます。ジャケットは他店舗で詳しく紹介しているので、興味のある方はこちらも是非ご覧ください。

WOOL SKIRT BLAZER -HERRING BONE WOOL

NEW BLAZER -8 WALE CORD

今回僕はパンツのみにフォーカスします。

なぜかといえば、単純にパンツとしてのポテンシャルが抜群に高いからです。

ファームパンツはその名の通り、1920年代にイギリスのファーマー(農夫)が着用していたパンツがデザインのベース。農夫が履いていた紛れもないワークウェアですから、変に飾りっ気がなく、良い意味で"おしゃれすぎない"のがこのパンツの魅力だと僕は思います。まず、シルエットが最高です。

ゆるやかにテーパードがかかっていますが、裾口は十分に太さが維持されています。この絶妙なシルエットがファームパンツ。確実に履いたらやられるタイプのパンツです。こちらは普段より1サイズアップで着用しています。

さて、続いてはこのパンツをどう履くのが正解か、ということに触れていきたいと思います。

ご覧の通り、腰回りのディテールを考慮すれば、まずはサスペンダーでの着用を推奨せざるを得ません。

間違いなく、王道はこれです。批判の余地のないスタイル。

ただ…。お客様の中にはサスペンダーの着用、ひいてはタックイン自体に抵抗のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。僕もどちらかといえばベルト派の人間です。そんな方はどうしたらいいのか。

ベルトで履きましょう。

大丈夫です。ベルトで履いても余裕でカッコいいです。

いかがでしょうか。ベルトで履く場合はサイズアップはあまりお勧めできませんが、普段のサイズでも十分に良いシルエットがでます。ファームパンツ特有の絶妙な太さが気分の方は、絶対に僕だけではないはず。

この記事を書いたことで、欲しい気持ちがさらに増幅しました…。

欠けているサイズもありますが、気になった方は是非お問い合わせください。

 丸山

Nigel Cabourn新宿伊勢丹店
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 伊勢丹メンズ館7階
TEL 03-3352-1111(代表)
アクセス
メトロプロムナード B5・B4・B3

 ・東京メトロ丸の内線新宿三丁目駅徒歩1分
 ・都営新宿線新宿三丁目駅徒歩3分
 ・JR新宿駅徒歩5分 / 小田急線新宿駅徒歩7分
 ・京王線新宿駅徒歩7分
 ・西武新宿線西武新宿駅徒歩5分
 ・都営大江戸線新宿西口駅徒歩10分
 ・副都心線新宿三丁目駅徒歩2分