定番たる所以 MEDICAL SHIRT DUNGAREE

今回は定番商品、MEDICAL SHIRT/メディカル シャツについて。

以前からNigel Cabournをご存じの方でしたら、お馴染みのシャツかと思います。
最近のFLAGSHIP STOREのSHOP INFO(こちらからどうぞ)でもご紹介しているので、
最近知った方もいらっしゃるかと思います。


ではなぜここでまた取り上げるかと申しますと、、
久しぶりの再生産ということもありますし、単純に私がMEDICAL SHIRTが大好きだからです笑

というわけで仙台店よりMEDICAL SHIRT愛に満ちた内容でお届けします。

まずは製品からご覧ください。



80380010100/MEDICAL SHIRT DUNGAREE







製品の説明については、先程ご紹介したFLASHIP STOREの記事でご紹介しているので省略、、、


と思いましたが、あえて触れていない点を挙げるとするなら、脇と背中に空いている菊穴でしょうか。
緑色の部分ですね。



アップにするとこんな感じです。

これは生地が二重になって通気性が悪い部分の通気性を良くするために開けられています。
要するにベンチレーションというやつです。
そして、この菊穴。
一見、なんてことないものに見えますが、じつは専用のミシンが無いと縫製できない代物です。
そしてこのミシンもどこにでもあるものではありません。
実は以前、直営店スタッフで縫製工場を見学させていただいたことがあるのですが、縫製工場の方いわく、
わざわざこの菊穴を縫製するために、専用の古いミシンを探してきて使っていると仰っていました、、、
頭の下がる思いです。

こんなちょっとマニアックな話はともかく、着丈や生地の厚さ等、本当に絶妙です。
シャンブレー生地よりもう少しハリのあるダンガリー生地は、本当に着る時期を選びません。
シャツ一枚で過ごせる春、秋はもちろん、夏はショーツとあわせ、冬はマロリージャケットの中に、、
という感じで、私は年間通して着用しています。
当然、これだけ着用していますので表情も変わってきます。



上が製品、下は私が4年間着用したものです。
加工には出せない雰囲気だと思います。

機能性に裏打ちされた普遍的なデザイン、タフな生地、縫製はもちろん、
多少の汚れも気にせずに一年中着用出来、経年変化が味になり、より愛着が湧くシャツ。

なかなか無いと思います。

ナイジェル自身が10年着れると謳っているシャツを是非、店頭でお試しください。
着て頂ければ、ここまでおすすめする理由がお分かりいただけると思います。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。