S.A.S COMBAT SHORT - S.A.S CAMOUFLAGE

Shop Infoをご覧の皆様、こんにちは。

岡山店の奥村です。

今回はS.A.S CAMOUFLAGEシリーズについて書きたいと思います。

S.A.SについてはGALLERY THE ARMY GYMが以前解説しているので『コチラ』をご覧ください。

ジャケット、ベストなどある中で今回はプリントの工程とSHORT PANTの紹介をさせて頂きます。

S.A.S コンバットショーツ / S.A.S COMBAT SHORT - S.A.S CAMOUFLAGE

Item No. 80400051004         

¥29.700 (税込)

まずは全てに共通するプリントの工程。

今回のS.A.Sシリーズは以前ご紹介したLINEN CHAMBRAYシリーズと同様に、工程がとても面白い製品となっています。

カタログにも記載されていますが、染料、顔料、オーバーダイと普通じゃない組み合わせ。

白色に対してプリントを行うのですが、プリントを行った上に微妙に位置をずらし、さらにプリントを行います。これを複数回行っています。このようにする事によりヴィンテージの持つ版のズレを再現しています。

この工程を染料プリントで行っています。

では顔料プリントはどこで使用されているのか。

黒い点々の部分。これが顔料プリントです。

染料プリントの上から顔料プリントというのは非常に色が入りにくいですし、色が入ったとしても、お互いに変化を起こし本来狙っている色に仕上げるのが難しという点もある事から、不可能と言われていました。

ただそれをやってのけるのがナイジェルケーボンというブランドです。

染料プリントと顔料プリントを同じ工場でしている所はほとんどありません。あったとしても重ねて行うというのは普通しません。

今回、協力して下さった工場の方々、ありがとうございます。

染料プリントを行い一度蒸し器にかけ、色を安定させます。

そして、顔料プリントを行うのですが、顔料は蒸し器だと色が安定しない為、焼き加工で色を安定させます。

先程、記述した通り違う染料をプリントしている為、お互いに変化を起こします。

敢えてそうする事により、黒色の点々模様が浮き出るように見えます。

この独特な表情は着用、洗濯を行うと新たに変化が生まれていきます。

私自身もSHORT PANTを購入し着用をしています。着用回数がまだ少ないのでこれから着用、洗濯を行いどの様な変化が起こるかは店頭でお話をさせて頂きたいと思います。また、ブログの方でも触れていくと思います。

また、製品によって迷彩柄が変わっています。

お気に入りの1本を見つけるのも楽しいかもしれませんね!

原案はオーバーパンツですのでウエストは大き目でドローコードで調節して頂く形になっています。

ウエスト79の私がサイズ30を着用してもこの大きさ。

最後に着用の写真です。

ショートパンツにサンダルはもう間違いない組み合わせですね。

着用している白TはNEW BASIC T-SHIRTです。

以前、Shop Infoにて紹介させて頂いてますので、コチラをご覧ください。

そして凄いおでこがM字です。これはずいぶん昔からで遺伝なのでご安心を。

 

岡山店はただいま時間短縮営業を継続しております。

営業時間 11:00~18:00 火曜日定休

お客様にはご不便をおかけいたしますが何とぞご了承ください。

奥村

Nigel Cabourn THE ARMY GYM 岡山店

〒700-0822 岡山市北区表町1-3-27

TEL 086-230-0335