CABOURN TIMEX VOL.2

 

ここ最近、腕時計をつけないという声を耳にする事が
増えた気がする。

時間さえ分れば良いと、スマホが時計代わりとして
併用され、
そんな風潮がある事も起因しているのだ
と思う。


私自身、腕時計はとにかく好きで、
特にヴィンテージの
ROLEX にはとにかく夢を
持った思い出がある。

その時はとにかく古い、時計BEGINを先輩から
お借りして、読みふけった。
キャリバーやリファレンス番号、年代毎の
インデックスの
違いといったマニアなディテールを
自然に覚えられるほど、
夢中になっていたと思うし、
その時代を通って来られた
”ナイジェルケボーン世代”の
お客様も多くおられるかと
思います。

その一方でオートマティックな時計と相反した、
クオーツの確かな時を刻む正確さに魅了された
軍用時計といえばアメリカが生んだ”TIMEX"に
抜きん出る
市民権を得た時計は無いかと思う。

昨年もVol.1として発売し反響を生んだ、
Vol.2のコラボレーション・ウォッチ、
ここ大阪店でも
本日発売しました。





元々はフットボールの審判員がストップウォッチとして
使用されていたヴィンテージをナイジェル本人が
見つけた事から、着想を得て形になりました。

ストップウォッチだからこそ、ケースサイズは40mmと
視認性が良く、三針のシンプルなデザインがレトロ感
満点の文字盤のカラーリングとドーム風貌に見事に
マッチしています。

あえて鏡面仕上げで無いマットなベルトバックルの
裏側には "TIMEX" の刻印入り。

 







40mmといえどシャツのカフスには収まり、
大げさな華美なファッションウォッチとは
一線を画する良い心地があります。

あえてのこのサイズが女性が着けられる事も容易で、
分ってる方のおしゃれだと思います。










腕時計は、いつ、どんな時でも些細な所作で
時が視界に訪れる。
故に見るたびに心が躍る。
そして、常に肌身から離さず愛用出来る楽しみがある。
趣味嗜好の最たる身近な装飾品が
腕時計だとも思います。


Tシャツにジーンズ、ジム通いのスウェット、
愛犬との散歩着、はたまたスーツ姿。

どんな時でも側でその人を引き立たせてくれる
ジュエリーであって、男女問わず気に入った腕時計に
出会えば嬉しいはず。

そこには車を買えるクラスのジュエリーであっても、
手の届きやすいカジュアルなクラスであっても、
その方が満足されるものであれば、
それ以上に最高はないと思う。








付属品も豪華な拘りが満載。

裏蓋は”CABOURN - TIMEX"とマーキングされ、
クオーツといえど厚みのある重量感。

VOL.1でも好評でしたミリタリーの洋裁キットとして
使用されていたガーメントをウォッチケースとして
制作し、
カラーはナイロンベルトと
同色の鮮やかなボルドー×ブルー。
有名なところでいうとプレミアリーグの
アストンヴィラの
ユニフォームを
髣髴とさせるカラーは、
ナイジェル本人が
こよなく愛する、
Scunthorpe United Football Club という英国の
地域リーグのチームカラーをベースに構築されました。

併せて同封されたレザーベルトは、

"S.B. Foot Training Company"と刻印された、
かの RED WING社 から選りすぐりの

レザーを供給され、革小物を制作している 
Silas Buck Foot Training Company の

レザーベルトです。
上質でしなやかで色味のマットな質感がバックルとの
相性の良さまで計算されています。





MODEL : Refereewatch /  レフェリーウォッチ


思えば、かの有名な ROLEX の EXPLORER Ⅰ 1016の
後継として
発売された EXPLORER Ⅱ 1655も当時は
個体数が少なく、
16550に変わるまでの僅かな
期間しか生産されておらず、
それが後に、
人気を博し、あまりの希少さに
恋い焦がれるように
なりました。
私の中では夢の中の夢にまで、
遠く離れてしまいましたが、

伝説的なブランドの時計の第二弾というものは
何故か個体数が少なく生産されるもので、
このモデルも等しいです。
ナイジェル本人が最近声にする
”VINATGE CABOUNRN"と

いう言葉を未来に期待する私としては、
このようなVol.1と何のゆかりもないデザインほど、
どこか惹かれ、どこか行く末の将来に
期待して止みません。


vol.1を既にお持ちの方や、そうでなくとも
お持ちの時計で満足されている方であっても、
ネクタイを毎日替えるように、
靴を日によって変えるように、

腕時計を気分に合わせて変えてみる。
そんな歩み寄る日常に応じて、この腕時計を通して
お楽しみ頂き、朝の気分も変わる事と思えます。



山内



【過去の記事はこちらから】