KAPOK BLOUSE

 

皆様、こんにちは。中目黒店の鈴木です。

本日は、入荷し始めたAW19の中から「KAPOK BLOUSE」を紹介します。

 

[80390810003 / KAPOK BLOUSE]

1920年~1930年代のヴィンテージブラウスがデザインモチーフ。

様々な写真を見ていると当時は普段着として着られていたと思われます。

袖のデザインが特徴的ですね。

手首の見える袖丈は19世紀終わり頃~20世紀前半頃のヴィンテージブラウスで良く見かけます。

ふくらみのある袖山は1880年代に数年間流行っていたそうで、そこからこういったデザインのブラウスが主流になっていったのかもしれないですね。

 

 

 

左サイドにはボタンが付いており、このボタンがあるおかげで細身のブラウスですが脱ぎ着しやすいです。

 

同素材でスカートも同時に入荷しております。

 

[80390852003 / KAPOK PLEATS SKIRT]

ギャザーとコットンの程よいハリ感でシルエットもとても綺麗です。

ナイジェル・ケーボン ウーマンのスカートにはギャザーが入っているアイテムが多く、実際にヴィンテージのスカートでもよく見かけるデザインです。

ギャザーは体型を細長く見せるためらしく、昔から女性は綺麗に見られる様考えていた事がわかります。素晴らしいですね!

 

 

色はGrayとIvoryの二色展開。

素材はコットンとカポックの混紡。

カポックとは、水に浮き、繊維の中の約80%空洞状態で比重が軽く撥水性に優れている素材です。

この特徴を活かして救命胴衣として使われていたりします。

 

 

 [80380850002 / CROPPED PANT-HERRINGBONE]

セットアップじゃなくパンツとの合わせも素敵です。

 

 

他のAW2019のアイテムも徐々に入荷しております。

是非店頭までお越しください。お待ちしております!

 

鈴木