雨の日を楽しむのではない、常にファッションを楽しむのだ。

昨今の異常気象には悩まされる事が多いです。今年もどこか梅雨っぽくなく、しかし天気もすぐれない日もあり傘を持つべきか持たなくてもいいかなんて考えるのも疲れます。そんな中気付いた点が1つ。街中を見ても雨用のシューズを履いてる人は目立つ中、レインコートとを着てる人は極わずか。湿度の高い日本ではそれもわかる気がします。ですがファッションピープルの皆さんには是非ともその概念を打ち破って頂きたい。そんな逸品がこちら。

Nigel Cabourn x Tretorn - サレークジャケット / SAREK JACKET

Item No.80400051301

スニーカーでお馴染みのトレトン。お馴染みと言っても若い世代には馴染みがないであろうブランド。私も含めた世のおじさま世代にはどこか懐かしいブランドでもある。今回は70年代のスウェーデン山岳警備隊、そしてハイカーが着用していたジャケットをベースに、オーガニックベンタイルを使用した逸品。今のサスティナブルな世の中には欠かせないアイテム。勿論撥水性も◎。

こちらも見逃せないアイテム。

Nigel Cabourn x Liam Gallagher - ロングスモック/ LONG SMOCK

Item No.80391200000

勿論こちらもベンタイル製。ナイジェルケーボンの真骨頂。日本でもかなり浸透してきたベンタイル。ベンタイルの本場はイギリス。そしてナイジェルケーボンで取り扱うベンタイル製品は全て本場のベンタイルを使用した玄人好み仕様。近年はハイテク素材(ゴアテックスやパーテックス)等も流通しとても便利な世の中となりましたが、しかしベンタイルは長い歴史では引けをとらないスペシャルファブリック。ファッションはバックボーンが大切と若いころに先輩に教わりました。この気持ちは大事にしたいところです。そいてこちらも勿論撥水性◎。

こちらはダナーとのコラボブーツ。こちらもにも勿論ベンタイルが使用されているナイスガイ。イギリスを代表するファブリックを使用しながらMADE IN USA。このチグハグ感がまたたまらない逸品。ベースとなっているのはベトナム戦争。熱帯地域での戦いの時に兵士が着用していたJUNGLE BOOTS。こちらも撥水性◎。

Nigel Cabourn × DANNER NAM BOOTS SS18

 Item No.80372662000

私はこんな感じで短パンに合わせちゃおうと考えます。

1940 B.A.GURKHA SHORT(CAMO)

Item NO.80400051504

 

雨の日専用ではなく、普段も使えてマルチに活躍、いざ雨の日でも大丈夫。そんなアイテムがナイジェルケーボンには多数ご用意しています。こんな気候の日本ですが、決して雨を楽しもうとは言いません。ファッションを楽しめばどんな天候も楽しめるはずです。

 

阪急メンズオンラインはこちらから

 

For International Tourists

HANKYU MEN’S TOKYO is giving 5% discount coupon to international tourists with passports.
Please check the below website for further details.

 


GALLERY THE ARMY GYM
〒100-8488 東京都千代田区有楽町2-5-1 阪急メンズ東京7階
TEL 03-6252-1381(百貨店代表)
営業時間 11:00~20:00

取り扱いブランド
.Nigel Cabourn
.FILSON
.Merz b. Schwanen
.ARBOR