NAVAL DUNGAREEの陰に隠れた名手

今となってはNigel Cabourn=NAVAL DUNGAREE。
まさかこんなにメガヒットするとは思ってもいませんでした。
誰かが目立てばその分周りは目立たなくなるわけで、あんな人いたっけ??なんて事も多々あると思います。
スポーツでもそう。
例えば野球。ジャイアンツはみなさんご存知の超有名チームです。昔は強かったです。今は分かりませんが。
清原、松井、クロマティー、なんかは超有名。
でも点を取っても肝心の守りがダメなら、いくら点を取ってもあっという間に敵に点を取られてしまいます。ですが巨人にはいました。
名手川相。
幾度となくゴールデングラブ賞を獲得した名ショート。さらにはバントの達人。決して派手ではありませんがどことなく存在感を醸し出す存在。
影は薄いものの間違いない仕事をしてくれる名脇役。
Nigel Cabournにもいました。Nigel Cabournの川相こと"MILITARY PANT - 10oz JAPANESE DENIM"



NAVAL DUNGAREEにも同素材が存在するこちら。
完全にNAVAL DUNGAREEの陰に隠れ存在感が危ぶまれていました。でもはいてみるとかなりツボ。
素材感はもちろんですが、シルエットも申し分なし。
一見ペインターの様にも見えますが、どちらかというとミリタリー系のパンツ。
お尻の丸ステッチはパラシュートパンツに時々見られるディテール。



ちゃんと補強も兼ねてます。



日本製のデニムを使ったこちら。
近くで見るとネップ感。Levisでもこんな感じのデニムがありました。綺麗なデニムよりネップのきいた感じの方が好きです。
VintageもDEAD STOCKより、ボロボロの方が好きです。
なのでこのデニムも綺麗すぎないから好きです。



普段は30インチがジャストなわたくし。
こちらは敢えての34インチのインチアップ。ウェストはガバガバですが、サスペンダーでなんなく解消。
このNAVYのBIG JACKETとのバランスを保つため34インチにしたと言っても過言ではありません。
言っておきます。このシャツジャケットかなり使えます。



阪急メンズに来てない方。
必ずお立ち寄り下さい。