GALLERY THE ARMY GYMのご紹介

GALLERY THE ARMY GYMより




ブログをご覧の皆様、こんにちは。

GALLERY THE ARMY GYMの小河です。


早いもので3月15日にOPENしてから10日が立とうとしています。

たくさんの方にご来店頂け、大好評でしたノベルティーのレインコートは終了しました。

ありがとうございました。



本日は商品のご紹介ではなく、店内の様子をUPしていきたいと思います。

GALLERY THE ARMY GYMは

本物を求め続ける全ての男たちのために。

ナイジェル・ケーボンを中心とし、フィルソンなど

欧州、米国の「本物」のブランドがギャラリーのように

整然と並ぶショップです。

そして全世界第1号店です。


ご来店頂いた方はわかると思いますが、店内広いです!

かなり広いです。




端に写っているのは3月から加わったNEW STAFFの佐野ですが、

あそこまでGALLERY THE ARMY GYMの売り場になっております。

キャッチボールするのに良さそうな距離感です。

本当に広くてゆっくりお買いものを楽しんで頂ける空間になっております。




Nigel Cabournはもちろんの事、













Nigelフリークの方やアウトドア好きの方にはお馴染みのFILSON

「どうせ持つならいいものを、最上のものを」 創業者 Clinton C. Filson

フィルソンは1897年、ワシントン州シアトルでゴールドラッシュに挑むための”アウトドア・クロージング・メーカー”として設立された。
金の採掘という、衣類にとっては劣悪きわまりない環境で酷使されるために、最上の天然素材と一切の妥協のない設計・縫製でウェアの生産を開始し、やがてアラスカや北西部で働く男たちにとって、FILSONのマークは信頼と同義語であるとまで言われるようになった。
ウールにおいては、原毛を刈り取ってから製品に仕上げるまで、いまだに2年以上の歳月をかける頑固さで取り組み、その頑固さゆえに、アメリカの森林警備隊、木こり、ハンター、そして冒険家など厳しい自然環境の中で真のクオリティを必要とする人々に愛され続け、アメリカ空軍・陸軍のスタッフ用としても一部使用されている。
優れた品質と耐久性を語るなら「親から子へ、子から孫へ」と着継がれるというエビソードがいくつもあるほどだ。








そして、Nigel氏愛用のMerz b.Schwanenも取り扱っています。



【Merz b. Schwanen/メルツ・ベー・シュヴァーネン】
1836年にドイツ南西部のシュヴァビアン・アルプに丸編機が持ち込まれ、当時一般的であったリネンのアンダーウェアよりも着心地の良いコットン商品を生産しました。Balthasar Merzの子孫が現在のデザイナーであるPeter Plotnickiに一族の伝統と歴史を引き継ぐためにブランドネームを使用することを許可しました。彼の作るコレクションは1920~40年代の職人の衣服よりインスパイアされています。
ヨーロピアンビンテージカットソーウェアをそのままの手法にて現在に再現する、
ドイツ発のアンダーウェアメーカー「Merz b.Schwanen」

Merz b. Schwanenの最も特徴的なポイントは、丸編機を使用することで実現できるシームレス構造(サイドシームのない丸胴)と、不規則な編みパターン、そしてネームやボックス等に至る全てをドイツ生産にこだわり生産されています。
全ての衣服は主にピュアコットンから作られ、またコットンウールやコットンレーヨンミックスなどのオリジナル生地が豊富です。






GALLERY THE ARMY GYM限定で、イギリスヴィンテージを取り扱ってます。

Nigel Cabournの洋服にマッチする逸品ばかりです。





また、今後はさらに取り扱いブランドも増えていきますので、ご期待ください。






そして全世界第1号店を盛り上げていくSTAFFのご紹介



渡部



小河



佐野


皆様のご来店を心よりお待ちしております。







ギャラリー アーミージムが構える7階はヴィンテージとリバイバルのフロアとなっており、
歴史や文化に裏打ちされた背景やストーリーのある本物と、
そこに現代の要素を掛け合わせ再解釈した新たな価値を持つファッション、
ライフスタイルを提案するフロア。ヴィンテージ、リバイバルをテーマに構成し、
ストアコンセプト“BASE”を最も象徴するフロア。

ビンテージの古着やレコード、眼鏡、家具など、従来の百貨店にはないショップが揃っています。
また、RRL店内にNY発のサロンとコラボをした世界初のバーバーサロン「LUDLOW BLUNT for RRL」も
出店され、今とても注目の高いフロアとなっています。