Merz. b Schwanenのスウェット

ブログをご覧の皆様こんにちは。

九州は秋晴れで過ごしやすい日が続いていますね!

お客様のなかにはランニングを始めたという方も。

スポーツの秋、食欲の秋、いろいろありますが皆さんはどう過ごされますか^^

 

それでは今回紹介するアイテムです! 

先日のブログではヘビーウェイトのスウェットをご紹介しました。

今回はもう少し軽めの、ミディアムウェイトのスウェットです。

先日紹介したスウェットの生地ももちろん着心地は良いんですが、また違った着心地、雰囲気なのでぜひおすすめさせてください。

 

Merz b. Schwanen (メルツベーシュヴァーネン)

#346 CREW NECK SWEATSHIRT

Colour: DEEP BLACK / GREY MEL / INK BLUE

 

※色は、奥からブラック、ブルー、グレイとなっております。

メルツベーシュヴァーネン、ブログでも何回か登場しているのでご存知の方も多いかと思います。既に何枚かお持ちの方も。

初めて見るという方もいらっしゃると思うので、拘りを紹介したいと思います。

 

メルツベーシュヴァーネンの特徴は、吊り編み機という機械使用していていることです。

1936年にドイツの南西部にこの機械が持ち込まれ、当時一般的であったリネンのアンダーウェアよりも着心地のいいコットンの商品を生産しました。

現存しているのは1920年から1960年代のもので32台だけ稼働しています。

機械を動かしているのは1台のモーターのみで、そのモーターが故障してしまうと生産がストップしてしまうそう。

 

この機械の特徴は、脇の繋ぎ目がない丸胴ボディに仕上がること。そして空気を含みながらゆっくりと生地を編んでいくことです。

空気を含むことにより生地がとても柔らかく仕上がります。

旧式の機械で時間をかけて作る為、一日の生産数に限りはありますが品質としては抜群です。

古い機械だからこそ仕上がる風合いの生地です。

生産工程だけではなく職人による巧みな技術、創業の土地の伝統的なニットウェア生産者のサポートにより当時のまま復活させています。

 

このスウェットは12オンスでミディアムウェイト。

洗いこんでも型崩れせず、柔らかさを保持してくれます。

はめ込みの両Vガゼット、脇下には三角ガゼットなどヴィンテージらしさを再現しています。

 

シンプルにチノパンやデニムとコーディネートするだけでかっこいいです。

 

色は三色展開ですが、色違いで買おうか悩まれるお客様も、、、。

しかし既にサイズ欠けてきていますのでお早めに!

 

スウェットだけではなく定番のヘンリーネックのロングスリーブもございます。

 

クラシックな作りで、着丈が長い、全体的に細長いシルエットとなっています。

初めての方はぜひ店頭でサイズ、お試しください。

またはお電話でもサイズ等のご相談承っていますのでお気軽にお問い合わせください。

 

ただいま福岡店ではスタッフを募集しております。

くわしくはこちらよりご覧ください。

  

《 新型コロナウイルス感染拡大防止にともなう当店の対応》

※ 入り口やフィッティングルームの取っ手等、手が触れる場所の除菌をしております。

※ 適時店内換気を行っております。

※ スタッフの検温、手洗い、手指の消毒、マスクの着用を徹底しております。

※ 入り口に消毒液を設置し、お客様に手指の消毒をお願いしております。

※ お客様へのマスク着用のご協力をお願いしております。

※ 店内が三密の状態とならないよう、入場制限をさせていただく場合がございます。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

福岡店 岡本 

 

Nigel Cabourn THE ARMY GYM FUKUOKA STORE

福岡市中央区大名1-2-13 1F

Tel:0924067848

定休日:水曜日

営業時間:11時から20時