LINEN CHAMBRAYシリーズ

ブログをご覧の皆様こんにちは。

 皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日店内の床のワックス掛けをおこないました。

スタッフ二人とも日頃の運動不足がたたったのか、翌日筋肉痛ぎみに、、、。

 たまには運動もしなければと実感いたしました。笑

 その分店内も綺麗になりました。また皆様と店頭でお会いできる準備整っております!

 

 

今回ご紹介するアイテムはこちらです。

HOSPITAL JACKET -LINEN CHAMBRAY

Item No:80400080006

Colour: Blue Grey / Beige

¥44,000 + 税

こちら、3ピースでパンツ、ベストもございます。

GENTLEMAN PANT - LINEN CHAMBRAY

Item No: 80400050006

Colour: Blue Grey / Beige

¥32,000 + 税

シルエットはテーパードがかかっています。

HOSPITAL VEST - LINEN CHAMBRAY

Item No:80400070006

Colour: Blue Grey / Beige

¥32,000 + 税

 

このアイテムの特徴は染め方にあります。

ではまず、洋服を作る際の染め方について説明したいと思います。少し長くなりますが、ぜひおうち時間のお供に読んでみてください!

糸の染め方は3つの方法があります。

ヤーンダイ(糸染)、ピースダイ(反染め)、ガーメントダイ(製品染め)です。

ヤーンダイは糸の段階で染める方法。

染色堅牢度といって染料などで染色した生地の抵抗性をはかるもので、生地の色の変わりにくさ、色落ちのしにくさをみるものです。

ヤーンダイはこの染色堅牢度がとても高いので、雰囲気がかたく、かっちりとした印象に仕上がります。

次にピースダイ。こちらは反物で染める方法です。

生地を織った後に染めるので反染めともいいます。縫製のステッチ跡など染めムラが生じ、カジュアルな雰囲気に仕上がります。

最後にガーメントダイ。こちらは製品に仕上がってから染める方法です。

ガーメントダイもピースダイと同様、染めムラが生じることにより風合いや雰囲気が良くなります。

 

今回紹介するアイテムの染め方は、枷(かせ)染め。

本アイテムの生地も、糸の段階で染めていますが意図的に染めムラが出るように特殊な加工をしています。

糸を枷の状態にします。編み物などの際に両手にぐるぐると毛糸を巻きつけ、ゆるい束にした状態を枷(かせ)といいます。

こうすることによって、ふわっと緩くまとまっているのでその状態で染めることにより糸の風合いを残したまま仕上がります。

さらに、特殊な手作業の工程と染料の特殊なハンドリングにより糸をランダムにムラ染めしていきます。

そして色を定着させるために通常では行わない工程を複数重ねて、染める要素と、プリントする要素を糸のレベルで融合させています。

この作業が出来るのは日本中に一箇所だけしかありません。すなわち、世界中で一箇所しかないということです。

 

それではコーディネートをどうぞ。

 以前お客様が試着したときに思わず出た一言、色気がすごい!です。笑

かちっとしすぎない少し緩い雰囲気にもなるので、そんな一言がでてしまいました。

 

インナーがカジュアルなTシャツでも様になるので、色んなコーディネートが楽しめそうだなと思います。

同素材で小物もございます。

STOLE-LINEN CHAMBRAY

Item No:80400060001

Colour: Blue Grey / Beige

¥9,000 + 税

CASQUET CHAMBRAY

Item No:80400066006

Colour: Blue Grey / Beige

Size: M / L

¥14,000 + 税

普段のコーディネートに小物を加えるだけでも雰囲気が変わるので、使えるアイテムだと思います。

 

引き続き、福岡店でも送料無料のサービスを行っていますので、気になるアイテムがございましたらぜひお問い合わせください。

【送料無料及び返品交換可能サービス】 

 

福岡店も下記の通り営業時間を短縮しております。

12:00~18:00

皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願いいたします。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございます。

 

福岡店 岡本

 

Nigel Cabourn THE ARMY GYM FUKUOKA STORE

福岡市中央区大名1-2-13 1F

Tel:0924067848 

定休日:水曜日