ARMY JACKET-COTTON LINEN DENIM

皆様いつもShop infoをご覧いただきありがとうございます。外出も出来ず色んな意味でフラストレーションが溜まってることと思いますが、その空いた時間を有意義にさせていただく為にお勧めのアイテムを紹介させていただきます。

アーミージャケット/ARMY JACKET-COTTON LINEN DENIM

Item NO.80400030000

¥41,800(税込)

 生地はCOTTON LINEN + COTTON TWILLとCOTTON HERRINGBONEの異素材を組み合わせた物となっています。どちらも摩擦などにより色が抜けてくるので、着用とウォッシュによる経年変化を楽しめる生地だと思います。中でもHERRINGBONEと言えば打ち込みが強く頑丈で耐久性を持っている為アメリカ軍全体で様々な用途に使用されていた生地です。

ディティールで注目すべきは、まずは型の仕様だと思います。1940年代のUSMC(アメリカ海兵隊)M-43HBT JACKETとUSN(アメリカ海軍)M-42HBT JACKETのミックスということ。贅沢にもUSMCの前身頃をボタンで留めた大きなポケットをCOTTON LINENでUSNのプリーツの無いフラットなマチ有り箱ポケットをオリジナル同様HERRINGBONEで作り上げた仕様になっている。今でこそUSMCは陸海空軍の全機能を備えて殴り込み部隊として活躍しているが第二次世界大戦直前にUSNにテコ入れされるまでは存在に疑問視する意見が絶えず幾度となく消滅の危機に立たされていたと言われている。このアイテムはそんな切っても切れない2つの部隊のミックスでなんです。

 次に注目すべきはやはりボタン。大戦中の1940年代のアイテムを掛け合わしているからには使っておきたいボタンが2つ。1つは月桂樹や部隊の名前やブランドネームが刻まれたドーナツボタンと13星と呼ばれ、アメリカ独立時の州の数13が星型に刻印されたボタンである。ドーナツボタンに於いては大戦中、非常事態の為にアメリカには戦時生産局なるものが出来国民の生活物資の配分、物価の規制が行われていました。その為衣料品も糸などを使わずに止められるドーナツボタンを使用しており、特に軍需生産を優先していた為衣料メーカーではブランド名を入れず月桂樹ボタンを使用するところが多かった。オリジナルでは決して共存する事のないそんなアメリカの背景を汲み取る2つのボタンを使用している。

1940年代からあるアメリカの2つの部隊が使っていた型をミックスさせ2020年にファッションとして落とし込んでいる凄さと変わらない物のカッコ良さを教えてくれる1着だと思います。大戦中の比にはなりませんが、現在の世界情勢もウィルスにより非常事態になり物も不足している、そんな今の現状を見つめ直させてくれるアイテムなのかもしれません。是非店頭やお電話やネットでディティールの拘りを体感してください。

そして当店では新型コロナウイルス感染防止対策として引き続き送料無料、郵送販売における返品交換サービスを行っております。4月末まで期間を延長させていただきました。詳しくは下記リンクよりご覧ください。

【送料無料及び返品交換可能サービス】

また、新型コロナウイルス感染拡大防止に向け、政府から発表される緊急事態宣言に基づき、下記店舗が臨時休業いたします。こちらも下記リンクよりご確認いただければと思います。

【緊急事態宣言による臨時休業のお知らせ】

 

Nigel Cabourn THE ARMY GYM FLAGSHIP STOREは短縮営業になりますのでよろしくお願いいたします。
営業時間:12:00~18:00

上記時間内でしたら、スタッフが店舗におりますのでお問い合わせ等対応可能です。その際は電話いただければと思います!

 

緊急事態宣言が発令され、不安な日々が続いています。皆様が健康でいられますよう祈っております。

 

-------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------

 

Nigel Cabourn THE ARMY GYM 中目黒店
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-21-4 (中目黒駅から徒歩5分)
TEL 03-3770-2186