USMC シャツ ジャケット / USMC SHIRT JACKET

ナイジェルケーボン USMC シャツ ジャケット ③

ナイジェル・ケーボンの商品名やコレクションの概要に度々登場する”USMC”。正式には"United States Marine Corps”。アメリカ海兵隊のことを差します。海の文字が着くので海軍に属した組織のように思われがちですが、海兵隊は独立した部隊であり、主に敵地への上陸作戦を専門に行います。 アメリカ軍の全5部隊の中で2番目に小規模な部隊であった為、現在ヴィンテージウェアとして扱われる個体数も圧倒的に少なく希少性は年々高まりつつあります。

そんなUSMCのヴィンテージウェア。ナイジェル・ケーボンの手によって絶妙なアレンジが加えられた逸品をご紹介いたします。

ナイジェルケーボン USMC シャツ ジャケット ⑥

ナイジェルケーボン USMC シャツ ジャケット ⑦

USMC シャツ ジャケット / USMC SHIRT JACKET

item No.80391380040

ナイジェルケーボン USMC シャツ ジャケット ①

フロントから見ると実はこの形"US NAVY”の40’sにも似たものがあります。さらに”US ARMY”にもM-43という形で似たものも存在します。後者はポケット位置が明らかに違うので簡単に見分けが付くと思います。

ナイジェルケーボン USMC シャツ ジャケット ②

このジャケットの”USMC”の名を冠するディテールは背面のこのポケットにあります。これはUSMCを代表するアイテムP-44、通称”モンキーパンツ”のディテールです。すごく希少且つ高額なヴィンテージウェアです。どの程度希少なのかと言うと、その製造期間の短さ。1944年7月から1945年10月のたったの1年数ヶ月間のみしか製造されなかったようです。…当時の兵士達からはこのポケットが内容物が動くことや座りにくい等々で不評であったとも言われています。短期間の製造期間になったひとつの理由になったのかもしれませんね。

この年代のアメリカのミリタリーウェアではへリンボーンを使用しているものが多いのですが本製品はワークウェアに用いられることが多いモールスキンを使用。ライブロの中でもハイクラスな日本製のモールスキンを使用しています。(GALLERY THE ARMY GYMのこちらのShopinfoでモールスキンについて詳しく掲載されております。)

ナイジェルケーボン USMC シャツ ジャケット ⑤

このジャケットの優れた点がこのポケットです。まさかここに手を入れられるとは!男性の皆様には嬉しいディテールなのではないでしょうか?

ナイジェルケーボン USMC シャツ ジャケット ④

冒頭の画像のような組み合わせは流石はデザイナー。正直、あの合わせ方はNigel氏を見なければ想像も付きませんでした。自分はネイビーを着用。非常に深いダークネイビーです。ゆったり目のサイジングなのでインナーにロールネックやモックネックの着用もお勧めです。真冬になればこの上にコートを羽織っても良さそうです。

ヴィンテージでも時折見かける洗い込んだモールスキンのフェード感にも勝る経年変化が期待できる逸品です。皆様のご来店をお待ちしております。

 

遠藤

 

 

 

Nigel Cabourn THE ARMY GYM 中目黒店
〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-21-4 (中目黒駅から徒歩5分)
TEL 03-3770-2186