柔らかいものと、硬いものと。/ 店長ブログ

 

ポケットがある服が好きです。

形状、仕様、位置、そしてデザイン。

どれをとっても重要で、こういった点においても Nigel Cabourn の洋服に対して、こだわりを持たれている方は多いと思います。

今回は、ワンシーズンしか展開していなかったユニークなシャツを1415+2で見つけました。

 

 

model : WELDER POCKET SHIRT OX

Item No. 80191310000

colour : LIGHT GREEN

fitting size : 48

 

 

 

溶接工で働く労働者に支給されていたワークシャツ。

作業に必要な工具や手袋が後ろのポケットに収納できるよう特徴的なポケットがついている。

フロントにもペンホルダーが完備したポケットは大きめ。

出し入れを容易にする為、もちろんフラップもない。

 

火花散る危険な作業工程を必要とする溶接工は、袖の上からグローブをはめるため、袖口は比較的タイトに設計されていて、少々フィット感は強め。

ボタンを外すと袖幅の細さが解け、良い塩梅で袖口が開き、袖周りのシルエットは美しく、緩過ぎない。

硬さの無い、柔らかなオックスフォード生地がスムーズな体の動きを約束し、全体的なシルエットはボックスシルエットで、身幅の縛りも無く、風通りが心地良い。

 

作業の円滑さを意図として作られたワークシャツ。

こんなシャツを何の気なくサラッと羽織って着ることが素敵なんだと思います。

 

 

 

 

model : C.C.F DOUBLE LAYER WORK PANTS

colour : BLACK

price : ¥20.900- 税込

fitting size : 30

 

FILSONの新たなライン、C.C.F 。

これは良いですね、FILSON らしさもありながら、面構えは美しく都会的。

凄まじく打ち込みの強いキャンバス生地、偽りのない漆黒なブラック。

疑いようのない、この服の寿命の長さを物語るものがここにあります。 

 

 

これほど打ち込みの強い生地でありながら、シルエットは美しく都会的な香り。

サイドポケットも、バックポケットも出し入れがスムーズな角度に配慮されている。

 

膝が抜けるといった言葉とは縁遠く感じるほど、ヘビーウェイト愛好家の方にも安心感を与えてくれます。

ただ単に頑丈で分厚いだけでは、このスッキリした細身のシルエットには少々着苦しい。

ですが、ダブルレイヤーの範囲が絶妙な位置に切り替えの役割を担い、屈伸する可動域に安定をもたらしている。

まさしく、立体的な脚の形になるよう計算され、馴染んだ先の行く末が保証されている。 

流石は水と山脈に囲まれながら、自然と街を融合したワシントン州最大の都市であるシアトルという場所に本拠を置いているだけの事がある。

自然豊かな環境下での活躍を意図に培ったアウトドアブランドの力強さと、時代性を読み取った都会派としても実力もしっかりと備えている。

 

 

 C.C.F、不定期に入荷する新たなFILSONのコレクション。

良いんじゃないですかね、こういうのを待っていました。

 

山内

  

 

 

 

ルクア大阪店は臨時休業中ですが、ご紹介しました商品は1415+2南堀江店にて展開中で、クリック一つでオンラインサイトに移り、そちらでも購入が可能です。

「1415+2とは…」

 

何かご不明点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

 

 

ルクア大阪店の過去の記事はこちら

 

ご紹介商品の取扱店舗

1415+2  ワンフォーワンセブン

大阪府大阪市西区南堀江1‐14‐17

TEL: 06-6556-7606

営業時間 (12:00 open - 18:00 close)

アクセス

・四ツ橋駅より徒歩5