永遠の定番=トレンチコート 

ここ最近急に冬の空気に変わり、ひんやりと冷たくなってきましたね。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

私は愛猫(ジズーといいます。男の子です。)と一緒にぬくぬくしながら過ごしています。

冬毛にはえかわったふわふわボディに毎日顔を埋めてすりすりしています(笑)

ねこ

 

やっとアウターを羽織れる季節になりましたが、まだまだコートを探していらっしゃる方多いと思います。

そこでまず、定番を揃えていただきたい!と思い、こちらのコートをご紹介します。

昨今いろんなブランドで必ずある定番コートなので、どれがよいのだろう・・・と迷っていらっしゃる方にもオススメです。

No.8039080000    1948 BRITISH ARMY COAT 

Colour: Dark Green         Size: 6 / 8 

 1948 BRITISH ARMY COAT

1948 BRITISH ARMY COAT バックスタイル

ナイジェル・ケーボンが所有する1948年に英国陸軍によって着用されたマッキントッシュ社製のアーミーコートがモチーフです。大きな襟、風を通さないための袖ベルト、肩の当て布など、オリジナルを忠実に再現した1着です。

いわゆるトレンチコートになるのですが、よく見かける巷のトレンチコートとは少し異なるディテールです。肩にはエポーレットはなく、ラグランスリーブに当て布がついています。これだけでもだいぶ印象が変わりますね。

襟元

 袖口部分

後ろのストームシールドは、着た時にフワッとケープの様になるところがとてもかっこいいです。

ストームシールド部分

素材はWOMANオリジナルのタテ・ヨコ糸に濃淡をつけたオリーブカラーのシャンブレー素材で、高密度に織りあげたギャバジン素材。

張りがあるのにしなやかで光沢感のある、このギャバジンは撥水性や耐久性にも優れています。

 

トレンチコート 

しっかりとボタンを閉じて、ウエストベルトをキュッとしめるとシルエットがスマートで綺麗です。ウエストベルトの位置が高めに設定されているので、脚長効果も!

 

真冬でも着れるのかしら?なんて思われるかと思いますが、安心してください。ゆったりとしたサイズ感でつくられているので、中にジャケットも合わせられてしまいます。

 ジャケットを中に着ているバージョン

Jacket→ RECRUITMENT JACKET - CORDUROY

Inner→ TURTLE NECK  BIG WAFFLE

Pant→ 5 POCKET JEAN (12.5oz.DENIM)

お仕事でスーツを着られる方にもピッタリではないでしょうか。 

 

そしてローゲージのニットなんかも中に着れてしまいます。

ニットを中に着ているバージョン 

Knit→ SHAWL COLLAR CARDIGAN

Shoes→ SANDERS PLAIN TOE SHOES

           Colour: Black       Size: 3.5 / 4 / 4.5 / 5 / 5.5

 

これだけ着れたら真冬もOKです!しかもしっかりとした高密度なギャバジンン素材は風をシャットアウトしてくれ、防風・防寒にも◎

 

 春先・秋・冬と長いシーズン着ることができるので、1着あると重宝しますし、定番の形・色なので飽きがこないです。

 皆さまのワードローブに間違いなしのコート、是非店頭でご覧になってください!

 

杉田

 Nigel Cabourn WOMAN THE ARMY GYM 東急プラザ銀座

〒104-0061

東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座5F

 Tel: 03-6280-6532