ナイジェル・ケーボン|Nigel Cabourn

woman  
Company
woman
HOME > Collection 2018 SS > 【SS18】 ストール/STOLE - TIE DYE

Collection

2018 SS

【SS18】 ストール/STOLE - TIE DYE


サイズ
F
カラー
オリーブ/ブルー
素材
 軍事大国である米国が参戦すれば極めて短期間で解決するはずであったベトナム戦争は、その舞台が鬱蒼とした亜熱帯のジャングルであった事に連動するように泥沼に米国を絡め取っていきます。
 非力であるはずの北はソ連と中国という共産圏の支援を受け、文字通り地下に潜ってゲリラ戦を仕掛けます。米国は得意の物量作戦で大量の兵士、武器、弾薬を投入し、大規模な爆撃や、果てはジャングルに潜むゲリラの隠れ蓑である植生の破壊を目的とした枯葉剤まで投入しますが、その全てがジャングルの泥沼にズブズブと呑み込まれていきます。
 当然、米国国内でも戦争を推進する体制に対する、疑問と反抗が生じます。
 こうした反体制の勢力は戦争を推進する体制側のように武器を選択する事はありませんでした。反体制の戦いの為に選んだのは火炎瓶や投石ではなく、社会性とは無縁に自由に生きる事、そしてロックを初めとした音楽に代表されるような彼等の信奉する文化こそが彼等の言葉でした。これがカウンターカルチャーです。
 今回のナイジェル・ケーボンのコレクションはこのカウンターカルチャーにフューチャーしています。ヴィンテージミリタリーウェアに強烈な興味を抱きその収集と自らのコレクションに取り込む事でそれらに永遠の命を与えようと試みる一方で、極めてフラットで正常な感覚をベースに戦争そのものは唾棄すべきものと認識する、彼らしいテーマの選び方と言えるでしょう。
 そこで、フラワーチルドレン達が愛したタイダイ、ピースマークなどが今コレクションに取り入れられています。ただし単なる回顧や単純復刻に終わらせないところもこのブランドの特徴のひとつです。当時のタイダイは所謂絞り染め。布を硬く結んだところに染料が浸透しない技法ですが、今コレクションのタイダイは正確にはそれではなく、注染と呼ばれる防染糊を駆使した技法がベースであり、しかも職人の手作業ではなく、日本にしかない最新マシーンを駆使して生み出されています。
品番
80360060003
取扱店舗
THE ARMY GYM FLAGSHIP STORETHE ARMY GYM FUKUOKA STORETHE ARMY GYM SENDAI STORESHINJUKU ISETAN STOREMATSUYA GINZA STORETHE ARMY GYM LUCUA OSAKA STORETHE ARMY GYM OKAYAMA STORE
Collection
2018 SS
SEX
MEN
ITEM
グッズ
LINE
メインライン
生産国
日本