ナイジェル・ケーボン|Nigel Cabourn

woman  
Company
woman
HOME > Collection 2018 SS > 【SS18 MAN】 ユーティリティージャケット ミックス/UTILITY JACKET MIX - HERRINGBONE + VINTAGE TWILL

Collection

2018 SS

【SS18 MAN】 ユーティリティージャケット ミックス/UTILITY JACKET MIX - HERRINGBONE + VINTAGE TWILL


サイズ
44-46-48-50-52
カラー
インディゴ/オリーブ
素材
<HERRINGBONE>
 通常の綾織は平織に比較して引き裂き強度に優れていますが、それをさらに全方向に強化したのが向きの異なる綾を互い違いに配置したヘリンボーンです。その強度の高さによってミリタリーウェアに多用されるポピュラーな組成です。見慣れたファブリックですが、私たちが出会った1 着は違和感を感じさせるものでした。通常ヘリンボーンの綾目は互い違いのどちらか一方の綾の目が立ち、くっきりと見えますが反対方向のそれは沈んで見えるものです。それはファブリックに使われている糸が一方方向に撚られている事で必然的に生ずる現象です。
 しかし、そのヴィンテージは両方向とも綾目がしっかり立っていて、まるで色柄物のようにはっきりと織り柄が見えました。
 推測できる原因はたったひとつ。
 S 撚りの糸とZ 撚りの糸、即ち撚糸方向の異なる2 種類の糸を綾の方向性に応じて交互にタテ糸として掛ける事。
 解析の結果も推測通りでした。
 目視では区別が困難な2 種類のタテ糸を互い違いに掛けるのは大変な手間を要します。しかしこうして織り上がったヘリンボーン組織は通常のそれよりさらに強靱な性質を発揮します。言い換えればミクロの単位まで遡って究極の機能性を求めた結果の産物である訳で、まさに使いやすく強靱なものは増々ブラッシュアップされ、使い難いものや少しでも無駄なものは容赦なく削ぎ落とされ、究極の機能性のみが生き残るミリタリーヴィンテージの神髄に触れるようです。

<VINTAGE TWILL>
 米語ではTWILL(ツイル)、英語ではDRILL(ドリル)、あるいは太番の組織を特にドリルとも呼称します。
 いずれも綾織の事です。
 斜紋織(しゃもんおり)とも言われるように斜めに流れるラインが生地表面に出ます。平織、繻子織と並んで織物組織では最も代表的な構造です。使用する糸の性質や太さあるいは製織の密度などの関連がありますので一概には言えませんが、平織は引き裂き強度に弱い性質があります。タテかヨコ方向の力に対して一本の糸の一点に垂直方向から力が集中する事が理由です。繻子織りは織りと絡まない糸が表面に露出する距離が長いので引っかけに弱い性質があります。
 ドリルは引き裂きの原因となる力を斜めに受け流し、生地全体で耐えるため丈夫です。そのためワークウェアやミリタリーウェアに多用される組織です。
 ナイジェル・ケーボンの所有するミリタリーウェアは、そのほとんどが製造から50 年から100 年の時を経過しています。そのため織り上げられた生地は着用された環境と相まって経年変化し独特の風合いを持ちます。その多くは長い時の流れで糸の水分が飛び太陽光などの影響も受け、かさかさにパサついたドライタッチと張り感を持つことが大きな特徴です。これらの特性を糸の素性と製織設計や仕上げのレシピなどオリジナルで施す事により現代に蘇らせています。
 見方によってはとても地味な普通のコットン綾織に見えますが、ここにはヴィンテージファブリックに対する深い造詣とそれを再現する事のできる優れた知識と高い技術が集約しています。
品番
80360030000
取扱店舗
THE ARMY GYM FLAGSHIP STORETHE ARMY GYM FUKUOKA STORETHE ARMY GYM SENDAI STORESHINJUKU ISETAN STOREMATSUYA GINZA STORETHE ARMY GYM LUCUA OSAKA STORETHE ARMY GYM OKAYAMA STORE
Collection
2018 SS
SEX
MEN
ITEM
ブルゾン
LINE
メインライン
生産国
日本